ここから本文です

「良くしていかないと…」 10番中島、“代表先発初共演”の18歳久保との連携に言及

6/18(火) 14:20配信

Football ZONE web

得意のドリブルはチリの鋭い守備に抑えられ、2度目となった久保との連携も不発

 森保一監督率いる日本代表は、現地時間17日にコパ・アメリカ(南米選手権)初戦でFIFAランキング16位のチリ代表に0-4で大敗を喫した。「10番」を背負うMF中島翔哉(アル・ドゥハイル)は、“代表先発初共演”となった18歳MF久保建英(FC東京→レアル・マドリード)との連携について「良くしていかないといけない」と語った。

【動画】決定機逸で悔しさ露わ! A代表初先発の18歳久保建英、チリ戦で華麗な2人抜きドリブルも…両手でピッチを叩いて“感情爆発”の瞬間

 代表チームに選手の拘束権がない今回、森保監督は東京五輪世代を18人選出。17日のチリ戦には、GK大迫敬介(サンフレッチェ広島)、DFは植田直通(セルクル・ブルージュ)、冨安健洋(シント=トロイデン)、杉岡大暉(湘南ベルマーレ)、原輝綺(サガン鳥栖)、2ボランチはMF柴崎岳(ヘタフェ)と中山雄太(PECズヴォレ)、中盤は中島と久保、前線にFW前田大然(松本山雅FC)と上田綺世(法政大)を送り込んだ。

 左サイドに入った中島は、持ち前のドリブルで“いつも通り”仕掛けるも、チリの鋭いタックルやチャージに思うようにペナルティーエリア内まで持ち込めず。逆にボールロストからカウンターを受ける場面も見受けられ、自陣の深い位置まで戻らなければいけない展開を余儀なくされた。

 トップ下に入った久保とは、大会直前のエスサルバドル戦(2-0)終盤に続く共演となったが、この日は久保がテクニックを生かして攻撃をリードした印象。2人が連動したプレーを見せる機会は決して多くなかった。

 仕掛けの部分について中島は、「自信を持ってやりたい。何人か来ていてもやれるようになりたい」と語る一方、久保との連携も「良くしていかないといけない」とまだ発展途上との見解を示した。

 森保体制発足後、個の打開力を有する中島に頼りがちな傾向があったなか、中島&久保のコンビ向上が南米の強豪と渡り合ううえで大きな鍵を握りそうだ。

Football ZONE web編集部・小田智史 / Tomofumi Oda

最終更新:6/18(火) 20:29
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ