ここから本文です

「残忍な突破と翻弄」 久保の“最高の個人技”、レアル贔屓紙が絶賛「コパで早速輝いた」

6/18(火) 16:01配信

Football ZONE web

不発に終わるもチリに脅威与えた二つのプレーに賛辞 「細部でクオリティーを示した」

 日本代表は現地時間17日、コパ・アメリカ(南米選手権)初戦で大会連覇中の王者チリ代表と対戦し、0-4で大敗を喫した。A代表で初先発を飾ったMF久保建英(FC東京→レアル・マドリード)はフル出場を果たし、不発に終わったものの、随所で切れ味鋭いドリブル突破を見せ、存在感を放った。レアルの贔屓紙として知られるスペイン紙「マルカ」も、「タケ・クボがコパ・アメリカで早速輝いた」と惜しみない賛辞を送っている。

【動画】決定機逸で悔しさ露わ! A代表初先発の18歳久保建英、チリ戦で華麗な2人抜きドリブルも…両手でピッチを叩き“感情爆発”の瞬間

 コパ・アメリカ初戦で4-2-3-1システムを採用した森保一監督は、レアル移籍が決定し注目を浴びる久保をトップ下に起用。バルセロナMFアルトゥール・ビダルを筆頭とした王者チリの強靭なフィジカルとハードワークに手を焼いた日本の攻撃陣だが、前半12分に久保が相手に脅威を与える華麗なプレーを見せる。

 左サイドでパスを受けた久保は、ボールを奪いにプレッシングをかけてきた相手MFエリック・プルガル(ボローニャ)に対し、軽妙なステップで“股抜き”を披露すると、縦へと一気にドリブル突破。そのままグラウンダーのアーリークロスを上げるが、最終的には相手DFギジェルモ・マリパン(アラベス)にスライディングでクリアされてしまう。それでもチリ守備陣を慌てさせる技術を見せた。

 また、後半20分にはペナルティーエリア手前でパスを受けると、ビダルのスライディングタックルを難なくかわし、一気にギアを上げる。相手守備陣2人の間を突破し左足を振り抜くが、シュートはゴール左に外れた。最終的に不発のまま試合を終えたが、久保が見せた鮮烈なプレーに海外メディアも反応している。

「マルカ」紙は、「タケ・クボがコパ・アメリカで早速輝いた。残忍な突破と翻弄」と見出しを打ち、「久保はコパ・アメリカ初戦の細部でクオリティーを示した」と綴った。さらに「唖然とさせられる敗戦にはなったが、試合で最高の個人技二つを成功させた」と称えている。ゴールを生み出すことはできなかった久保だが、王者チリを相手に確かなインパクトを世界に与えたようだ。

Football ZONE web編集部

最終更新:6/18(火) 16:01
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事