ここから本文です

森保J、コパ初戦チリ戦「パフォーマンス分析」 唯一チリと対等に渡り合ったのは?

6/18(火) 17:20配信

Football ZONE web

コパ初戦はA代表で主としてきた4バック採用、出場14選手のアピール度を5段階で査定

 日本代表は現地時間17日に行われたコパ・アメリカ(南米選手権)のグループリーグ初戦で、チリ代表に0-4と大敗を喫した。森保一監督は、レアル・マドリード移籍で注目を集める18歳のMF久保建英(FC東京)をA代表初のスタメンで起用し、これまでA代表でメインシステムとしてきた4-2-3-1を採用。久保が個人で魅せた一方で、チームはチリの狡猾なプレーとゲーム運びに後手を踏んだ。ここではチリ戦に出場した全14選手のパフォーマンスを、5段階評価(★★★★★)で評価した。

【動画】決定機逸で悔しさ露わ! A代表初先発の18歳久保建英、チリ戦で華麗な2人抜きドリブルも…両手でピッチを叩き“感情爆発”の瞬間

<GK>
■大迫敬介(広島)=★★☆☆☆

 結果的に4失点デビューと守備陣との連係に課題を残したが、大きな身振りを交えて最後方からコーチングするなど、19歳の年齢を感じさせないプレーぶり。前半には、相手のプレッシングを華麗に交わす足技も披露した。

(出場なし)
川島永嗣(ストラスブール)
小島亨介(大分)

<DF>
■冨安健洋(シント=トロイデン)=★★☆☆☆

 後半9分、相手のシュートが体に当たって失点。4失点目の場面もチリFWバルガスに追いつけず、目の前でゴールネットを揺らされた。A代表通算13試合目にして、自己ワーストの4失点を喫した。

■植田直通(セルクル・ブルージュ)=★★☆☆☆

 チリのCFバルガスと激しい肉弾戦を展開。空中戦でも高さを生かしてハイボールを迎撃していたが、先制点を奪われた場面では中山と重なる形になり、MFプルガルに打点の高いヘディングシュートを叩き込まれてしまった。

■杉岡大暉(湘南)=★★☆☆☆

 チリMFフエンサリダとの球際で負けず、前半38分には相手のサイド攻撃を間一髪クリア、後半1分にもクロスを顔面でブロック。その一方で、攻撃に関与する回数が少なく、見せ場は後半24分に長い縦パスで中盤の久保につけ、安部の折り返しから上田が飛び込むチャンスを演出したくらいか。

■原 輝綺(鳥栖)=★☆☆☆☆

 相手エースのサンチェスと対峙。個人の局面ではなんとか持ちこたえていたが、後半37分の3失点目は一瞬の隙から前に入り込まれてダイビングヘッドを許し、その1分後にはスピードで振り切られてアシストを決められた。アタッキングサイドでの攻撃も、バリエーションを欠いて効果的に絡めなかった。

(出場なし)
板倉 滉(フローニンゲン)
菅 大輝(札幌)
岩田智輝(大分)
立田悠悟(清水)

1/3ページ

最終更新:6/21(金) 13:52
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事