ここから本文です

「俺がまた争える」 ベテラン岡崎、“A代表デビュー組”の上田&前田に期待する相乗効果

6/18(火) 22:30配信

Football ZONE web

0-2の局面で上田に代わって途中出場も、攻撃ではプレー機会も少ないままタイムアップ

 森保一監督率いる日本代表は、現地時間17日に行われたコパ・アメリカ(南米選手権)のグループリーグ初戦でFIFAランキング16位のチリ代表に0-4と大敗を喫した。後半途中から出場したベテランのFW岡崎慎司(レスター)は、FW上田綺世(法政大)、FW前田大然(松本山雅FC)とA代表デビューを果たした若手に刺激を受け、「俺がまた争える感じ」と闘志を燃やしている。

【一覧】岡崎は2位にランクイン! 日本代表、コパ・アメリカ全23選手「推定市場価格ランキング」

 東京五輪世代18人という若いメンバーで挑んだ今大会、森保監督はスタメンにA代表デビューの6人を起用。4-2-3-1システムを採用したなか、1トップには“大学生A代表”の上田が入った。

 日本はセットプレーから失点した3分後の前半44分、MF柴崎岳(ヘタフェ)のスルーパスに抜け出した上田が相手GKをかわしてビッグチャンスを迎えたが、慎重になりすぎたのか、最終的にシュートはゴール右に逸れてしまった。そして後半12分には右サイドのアーリークロスをゴール前でフリーで受けるも、ダイレクトボレーは枠外。同24分には左サイドを突破した途中出場のMF安部裕葵(鹿島アントラーズ)のグラウンダークロスにファーサイドで飛び込むも合わせられず、さらに同30分にはMF三好康児(横浜F・マリノス)のスルーパスに抜け出したが、相手GKに防がれてしまった。

 岡崎は0-2で迎えた後半34分に上田に代わって1トップへ。しかし、チリの猛攻で守備に追われ、チャンスを作る前に後半37分、38分と立て続けに失点。攻撃でボールを持つ機会もほとんどないまま、0-4でタイムアップを迎えた。

「チームをなかなか助けられなかった。全体的に見たら悪くなかったと思うし、個々でもワンシーン、ワンシーンを見ればやれている場面が多かった。ただ、90分で見れば厳しい時間もあって、サイドを上手く使われて数的優位を使われる、相手の方が上手くサッカーをやったという地力の差があった」

1/2ページ

最終更新:6/18(火) 22:30
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事