ここから本文です

「上司のいじめ」で肺に穴開いた27歳女性の胸中

6/18(火) 16:00配信

東洋経済オンライン

孤独死やうつ病、リストラなど中年を取り巻く問題はメディアでも毎週のように取り沙汰される。しかし、苦しいのは中年だけじゃない。10代、20代の死因の最たるものが自殺である事実が示すように、「生きづらさ」を抱えているのは若い世代も同じだ。本連載では、ライターの吉川ばんびが、現代の若者を悩ます「生きづらさの正体」について迫る。
 「会社で突然苦しくなって、うまく呼吸ができなくて病院に行ったら肺に穴が空いていて。いつのまにか、ストレスで呼吸がずっとおかしくなっていたみたいです」

 中原静江さん(仮名・27歳)は喉の奥につっかえているものを吐き出すように、少しずつ、静かに話し始めました。

■彼女を苦しめた「女部長の嫌がらせ」

 彼女は、子どもの頃から警察官になることが夢だったといいます。大学在学中に警察官になるために試験を受け、筆記試験はクリアしたものの、体力試験で不合格となってしまいました。きゃしゃで色白な、見た目にも印象的な美人で、後から彼女自身も話してくれたように、外見からも体があまり強くないことがうかがえました。

 大学卒業後、事務員として商社に入社した彼女を待っていたのは、入社以前に聞いていた労働条件とは異なる劣悪な環境と、会長の娘である40代半ばの総務部長からの執拗な嫌がらせでした。

 中原さん以外の同期の女性社員は入社後、総務部長に早々に泣かされた一方で、中原さんは「絶対に泣かない」と決めていて、「今思えば、それが気に食わなくてターゲットにされたのかもしれません」と、苦笑いをしながら当時を振り返ってくれました。

 中原さんは毎朝8時前に出社して、30分かけて社員全員の机を拭き、始業までに掃除を終わらせておくように指示を受けていました。「新入社員がやって当然だ」という総務部長や長年勤めている女性主任の主張とは裏腹に、朝イチの出社や雑務を強制されるのは、新入社員の中でも、次第に中原さんだけになっていったと言います。

 誰かがやらなければならない仕事を、押し付け合って誰もやらない。そんな状況を無視できなかった彼女の真面目さに付け込んで、徐々に「雑用は全部中原さんがやってくれるから」という雰囲気が社内全体に広がっていきました。営業職の男性社員は、自分が飲んでいた水をこぼしたとき、「中原さん、水。こぼした」と言い、わざわざ中原さんに床を拭かせたといいます。

1/4ページ

最終更新:6/18(火) 16:00
東洋経済オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事