ここから本文です

中国の奇才「ザンダー ゾウ」がCGキャラによる仮装ランウエイで探求する人類の未来

6/18(火) 8:00配信

WWD JAPAN.com

"「今シーズンは“超越”させた」"

仮装キャットウォークの演出を行った理由についてはAIと人間、デジタルとアナログの境界線を曖昧にする試みだったようだ。「CGキャラクターを作成することで、実際のモデルでは不可能な方法でキャットウォークに登場させたいという思いから始まった。このショーのために作った最初のCGキャラクターは、体にたくさんのスクリーンが貼られ世界各地からのあらゆる種類の情報が表示する、“情報の神”のような人物だった。しかし、情報の未来が完全にデジタルであるべきではないと思い、このCGキャラクターをショーには登場させなかった。2カ月かけてさまざまなCGキャラクターを生み出し、結果的には2人だけがラインナップした」とゾウ。さらに、会場で配られたスカートについては「コレクション制作にあたってリサーチを進めていると、世界中の異なる文化の中で、ある特定の儀式を行う男性の衣装には類似性があることを知った。その一つは、スカートのような衣服を身につけること。ここでは、性別の境界線を曖昧にするアイテムという考えとは無関係だ。私は単純に、スカートが男性の日常着として自然に溶け込むことに、コレクション制作の間に喜びを感じるようになった」と続けた。ゾウがショー後の会場周りのオフランウエイを眺めたのなら、非常に誇りに思ったはずだ。なぜなら彼の思惑通り、会場で手渡されたスカートをそのまま着用した多くの男性がストリートフォトグラファーからのフラッシュを浴びていたからだ。

ゾウは「19春夏コレクションで“創造”し、19-20年秋冬で“進化”し、そして今シーズンは“超越”させた。コレクションを通して、私は人類の未来を探求し続けている。今季のコレクション制作にあたって、心理学の概念“意識の流れ”が最初に浮かんだ」とも述べる。これは人間の意識は静的な部分の配列によって成り立つものではなく、動的なイメージや観念が流れるように連なったものであるという考え方のことだ。彼のコレクションは非常にスピリチュアルで穏やかさを与えてくれた。本音を言えば、洋服はスクリーン上ではなく実物で、体に合わせて揺れる動きや素材感を見たかったというのが筆者の感想だ。しかし、スケールが大きすぎる問題は自分事として捉えにくい傾向にある中、彼のメッセージはしっかり心に留めておきたいと思った。「地球が私たちと共に呼吸するのを感じて。私たちは一つのシステムの一員なのだ。内なる自己に目を向けて、心に平穏を」。

ELIE INOUE:パリ在住ジャーナリスト。大学卒業後、ニューヨークに渡りファッションジャーナリスト、コーディネーターとして経験を積む。2016年からパリに拠点を移し、各都市のコレクション取材やデザイナーのインタビュー、ファッションやライフスタイルの取材、執筆を手掛ける

2/2ページ

最終更新:6/18(火) 8:00
WWD JAPAN.com

記事提供社からのご案内(外部サイト)

WWD ジャパン

INFASパブリケーションズ

2096号
2019年8月19日発売

定価500円(税込み)

ハイジュエリー特集2019 ハイジュエリーの常識を揺さぶる「グッチ」の本気度

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事