ここから本文です

英写真家デニス・モリスが「アイヴァン」と初の眼鏡コラボに感激

6/18(火) 12:00配信

WWD JAPAN.com

モリス:まさに「アイヴァン」とコラボレートした2型だ。1型は、私がミュージシャンのジョン・ライドン(John Lydon)を撮影した際に彼が掛けていたラウンドタイプ。そしてもう1型は、私が若い頃に掛けていたビッグシェイプのデザインだ。

WWD:「アイヴァン」が優れている点は?

モリス:日本製ならではのクオリティーの高さだ。ディテールへのこだわりは、私の写真に対する考え方と共通している。

WWD:眼鏡で初めてコラボレートして分かった新しい発見は?

モリス:3月、「アイヴァン」が参加したニューヨークの眼鏡の国際展「ビジョン・エキスポ(VISION EXPO)」を訪問した際、出展社の多さと規模の大きさに驚いた。眼鏡業界の広さと奥深さを知ったことは新しい発見だった。

WWD:同コラボレートモデルに対する周囲の反響は?

モリス:「ビジョン・エキスポ」の際、トライベッカのセレクトショップを会場に発売イベントを行ったが、とてもいい評判だった。顔に掛ける眼鏡は、人のイメージを変えることができる特別なアイテムだ。このコラボレートモデルを掛けてほしいと思う人の理想像は私が撮りたいと思う被写体と似ていて、自分に大きな自信を持っている人だ。今後も「アイヴァン」とのコラボレートシリーズを手掛けることを希望している。

2/2ページ

最終更新:6/18(火) 12:09
WWD JAPAN.com

記事提供社からのご案内(外部サイト)

WWD ジャパン

INFASパブリケーションズ

2097号
2019年8月26日発売

定価500円(税込み)

19年春夏の百貨店では何が売れた? 好調ブランド、ヒット商品をリポート

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事