ここから本文です

肉を一切使わないケンタッキーのバーガーが登場。話題の人工肉はどんな味?

6/18(火) 8:45配信

女子SPA!

 日本でも大人気のケンタッキーフライドチキン(以下、KFC)。あの独特の香りをかぐと、ついつい食べたくなるという人も多いのではないだろうか?

 そんなKFCがこのたび、動物製品を一切使用しないチキンフィレサンドの発売を開始し、話題となっている。

 完全菜食主義(ビーガン)向けに販売されたKFC初のビーガンバーガー。とはいっても、これはイギリスのロンドンなど一部の店舗のみのメニューで、日本では販売されていない。

 この動物性食材を一切使用しないチキンフィレサンドは、「ザ・インポースター」という名前の新メニューで、6月17日から4週間限定で英国内の一部店舗のみで販売される。

 KFCの関係者はこう説明する。

「不公平だと思いました。ヴィーガンの方々はこれまでKFCの美味しさを味わえずにきたのです。ですからこのザ・インポースターの開発に尽力してきました。(創設者の)カーネル・サンダースも誇りに思ってくれる味です」

 この新メニューはチキンの代わりに食肉代用食品「クォーン」を使用し、11種のハーブやスパイスを用いたオリジナル・レシピの衣でコーティングしているほか、ビーガン用のマヨネーズなどが使われている。

 クォーンは日本ではあまりなじみのない人工肉だが、ヨーロッパでは30年以上も前からスーパーなどで売られているそう。原料は、キノコのタンパク質を発酵させた「マイコプロテイン」。あまりピンとこないが、肉によく似た食感で、特にダイエッターやビーガンの間で人気だという。

 そのクォーンで作られたKFCの「ザ・インポースター」、英メディアは実際に食べた人の感想として「見た目も味も普通のバーガーと変わらない」と伝えている。

マクドナルドでも肉を使わないバーガーやナゲット

 こうしたビーガンメニューに取り組んでいるのは、KFCだけではない。マクドナルドもここ数年、熱心に取り組んでいるテーマで、すでにいくつかの国でビーガンメニューを発表している。

 2017年には、北欧のフィンランドとスウェーデンのマクドナルドで、大豆でできたステーキにマスタード、ケチャップなどをのせ、卵を使わないソースで作った「マックビーガン」が発売開始された。

 2018年には、本国アメリカのマクドナルドの一部店舗で、ポテトと豆を使ったパテと、赤パプリカ、トマト、卵を使わないトマトマヨネーズを一緒にバンズで挟んだバーガーが販売された。

 さらに、2019年にはノルウェーのマクドナルドで、ヒヨコマメや人参、じゃかいもやカリフラワー、コーンや玉ねぎで作られたナゲットが販売開始。この一切肉を使用しない「マックナゲット」は各国で話題となった。

 さらに、ドイツのマクドナルドでも、肉を使用しないバーガーが販売開始されているほか、英のマクドナルドでもビーガンメニューが展開される予定とのことだ。

1/2ページ

最終更新:6/18(火) 8:45
女子SPA!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事