ここから本文です

夏にふさわしい、ビーチ向け(割れた)腹筋を目指して…極限まで鍛えるトレーニング法

6/19(水) 21:11配信

エスクァイア

この夏、海へ出かけるならば、いますぐ始めるべきトレーニングをご紹介しましょう。このトレーニング方法で、ビーチ向けのたくましい筋肉へと鍛え上げることができるでしょう。

【写真】最高の運動効果をあげるための「正しい呼吸法」

 夏となれば、薄着になりますね。と、言うことは、年間を通してジムで頑張った人にとっては成果を見せつけるチャンスとなります。「コートを捨てよ、ビーチへ出よう」なわけです。さらに、スウェットシャツとスウェットパンツをクローゼットにしまってください。いよいよビーチ・シーズンの到来です。

 お住いの近くに極上の海岸がないとしても、6月を過ぎれば、日差しの中で筋肉をピクピクと動かす機会はたくさんあるはずです。しかしながら一方で、ジムなど通っていない方にとっては、少しだけ「たくましい肉体になっていない…」と心配事が増える季節でもあります。ですが、ここで落ち込んでいてはダメ。そんな方のために、水着になる機会に最も重要な筋肉群を鍛え上げることのできる「トレーニング・プラン」をお試しください。

 この5段階のトレーニングでは、体内の新陳代謝を限界まで押し上げ、筋肉成長を刺激することを目的としています。主要な筋肉群に多角的に取り組む2つのセットから始まり、皆さんが手に入れたい水着用腹筋へと磨き上げましょう。

 もちろん、これはジムに通っている方にとってもおすすめのプランです。新たに体幹へ圧をかけることで、さらに違う角度から磨きをかけることができるでしょう。

《トレーニング・プラン》

 ビーチ向けの筋肉を得るため、効果的に大きく見せるためにはこのプランに沿って行なってください。取り掛かる前に、まずは詳細をご説明しましょう。

●トレーナー:ジム・スミス氏(ニューヨーク州エルマイラにあるディーゼル・ストレングス&コンディショニングのオーナー、CPPS認定士)

●効果:新陳代謝を高め、筋肉の成長を後押しします。そうすれば、自信を持って上半身裸になることができるでしょう。

●用意するもの(ジムで使えるもの):ベンチ、ダンベル、プルアップバー(鉄棒)、バーベル、ウェイトプレート、ケーブルマシン、バランスボール

●ポイント:強度、定義、減量

●方法:2つのセットAとBを連続して実施。 2回目の運動の後、割り当てられた時間休憩をとりましょう。そして、バランスボールのスタンダードセットで終えるのです。
 
《概要》
▲セットA
・ダンベル・ベンチプレス
・膝をあげてチンアップ(懸垂)
※以上を4セット

休憩:90~120秒

▲セットB
・バーベル・デッドリフト
・ロープ・トライセプス・プレスダウン
※以上を5セット
 
休憩:90秒

▲最後のバランスボール
・パイク
※4セット

休憩:60秒

 それでは、各トレーニングを細かく説明していきましょう。

1/2ページ

最終更新:6/19(水) 21:11
エスクァイア

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事