ここから本文です

子どもやペットが活き活き撮れる! おすすめ入門用「大口径レンズ」3選

6/19(水) 11:26配信

PHILE WEB

■ブレに強くボケを活用できる「大口径レンズ」がおすすめ!

子どもやペットの可愛い姿をキレイに写真に残したい。そんな方にご注目いただきたい交換レンズ、それが「大口径レンズ」です。子どもやペットは動きが素早く、それでいてなかなかじっとしていてはくれません。そのため、できるだけ速いシャッタースピードで撮影しないと、手ブレや被写体ブレに悩まされることに…。そこで重視したいのがレンズの明るさ。開放F値の明るい大口径レンズなら、光の不足しがちな天候や時間帯、室内などでも速いシャッタースピードで撮影できるので、手ブレや被写体ブレを大幅に軽減できます。また、ボケも大きく、子どもやペットを背景から浮き立たせた、雰囲気たっぷりの写真が得やすい点も大きな魅力です。

ここでは、そんな「大口径レンズ」の中から、子どもやペットの撮影の入門用レンズとして特におすすめしたい3モデルを、デジタルカメラグランプリ審査委員長・山田久美夫さんのナビゲートでご紹介していきます。大口径レンズの多くは単焦点レンズとなりますが、昨今では単焦点レンズに迫る描写力を備えた明るい標準ズームレンズも登場しているので、利便性も重視するなら選択肢に入れるとよいでしょう。また、標準域をカバーするレンズを選べば、子どもやペットからあまり離れず、すぐに手の届く距離から撮影できるので、安心して撮影に臨めます。

<おすすめモデル1本目>
多彩な表現を1本で味わえる、リーズナブルな大口径標準レンズ
SIGMA
30mm F1.4 DC DN | Contenporary
4万8000円(税抜)

35mm判換算45mm相当の焦点距離(ソニーEマウント用)、開放F値1.4の明るさを備えたAPS-C対応の大口径標準レンズです。子どもやペットの撮影では香料の不足しがちな室内でも自然光で撮影するケースが多く、そこで生きてくるのが大口径ならではの明るさ。1本でアップから全身、背景を大きくぼかした写真まで幅広くカバーでき、しかも小型軽量。価格も手頃で大口径レンズならではの魅力をリーズナブルに味わうことができます。(山田)

SPEC ●焦点距離:30mm ●絞り値:F/1.4-F/16 ●最短撮影距離:0.3m ●フィルター径:φ52mm ●外形寸法:φ64.8mm×73.3mm ●質量:265g ●対応センサーサイズ:APS-C ●対応マウント:ソニーE、マイクロフォーサーズ(※仕様はソニーEマウント用のもの)

<おすすめモデル2本目>
フルサイズ対応標準ズームの、新たな基準を打ち立てた意欲作
TAMRON
28-75mm F/2.8 Di III RXD(Model A036)
10万円(税抜)

ズーム全域で開放F値2.8の明るさを誇る、フルサイズ対応の大口径標準ズームレンズです。絞り開放から抜群の描写力で、周辺部に至るまで優れた解像力を実現。柔らかく自然なボケ味も魅力です。また、逆光時などに発生しがちなゴーストも少なく、悪条件での撮影に強い点も嬉しいポイント。最短撮影距離も短く、被写体にグッと寄った撮影も楽しめるなど、フルサイズミラーレス対応標準ズームレンズの新たな基準を打ち立てた意欲的なレンズです。(山田)

SPEC ●焦点距離:28mm~75mm ●ズーム倍率:約2.7倍 ●絞り値:F/2.8-F/22 ●最短撮影距離:0.19m(ワイド側)、0.39m(テレ側) ●フィルター径:φ67mm ●外形寸法:φ73mm×117.8mm ●質量:550g ●対応センサーサイズ:フルサイズ ●対応マウント:ソニーE

<おすすめモデル3本目>
優れた描写力に唸らされる、フルサイズ対応大口径標準レンズ
SONY
Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA
9万9000円(税抜)

カメラファン垂涎のブランド「ツァイス」の名を冠したフルサイズ対応の大口径標準レンズです。その描写力は「さすがツァイス!」と唸らされるもので、キレがありやや硬めが持ち味。適度に締まった立体感のあるボケを堪能させます。また、作りも素晴らしく、モノとしての魅力も十分。APS-Cセンサー機に装着すれば、35mm判換算82.5mm相当の使い勝手のよい中望遠レンズとして使うこともでき、ポートレート撮影にもおすすめです。(山田)

SPEC ●焦点距離:55mm ●絞り値:F/1.8-F/22 ●最短撮影距離:0.5m ●フィルター径:φ49mm ●外形寸法:φ64.4mm×70.5mm ●質量:281g ●対応センサーサイズ:フルサイズ ●対応マウント:ソニーE

デジカメCHANNEL編集部

最終更新:6/19(水) 11:26
PHILE WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ