ここから本文です

【バイクで巡るニッポン絶景道】瀬戸内横断を渡る“裏しまなみ海道”[広島県呉市・愛媛県今治市]#モトツー

6/19(水) 5:30配信

WEBヤングマシン

~とびしま海道~

『バイクで巡るニッポン絶景道』シリーズは、ヤングマシンの姉妹誌であるモトツーリング編集長カン吉(神田英俊)が案内人。第15回は、三大瀬戸内横断ルートの影に隠れた、知られざる絶景ロード。地元では“裏しまなみ海道”とも呼ばれ、有料区間は原付も通れる格安路線となっている。

【写真をまとめて見る】

風光明媚な古き潮待ちの港を往く

一般的に瀬戸内横断ルートと呼ばれているルートは、明石海峡大橋・備讃瀬戸大橋・しまなみ海道の3ルートが基本だ。それぞれ、世界屈指の大橋梁が架かっており、自動車専用道路化されている為、移動時間も大変スピーディーだ。

しかし、実は知られざるルートがもう一本あるのだ。それがこのとびしま海道。地元では“裏しまなみ海道”とも呼ばれており、広島県の呉市と愛媛県の今治市を連絡するルートだ。しかも、7つもの島々を橋梁で繋ぐ潮風感抜群のロケーション。道草がてら各島を周遊しつつ瀬戸内を楽しめる、西日本でもトップクラスのツーリングルートだ。しかも有料の橋は1本のみ。料金も格安の片道560円だ。原付ならナント50円!自走で島旅を楽しめる全国でも大変珍しいスポットなのだ。

しかし、ここで断っておかなければならない事がある。それは、残念ながら完全には繋がっていない事なのだ。本土より7つの島と橋梁を渡り、四国まであと一歩!という所で道は途切れる。今治市を目前に控えておきながら、最後はフェリーで渡る事になる。しかし、アクセス方面によってはしまなみ海道ルートより圧倒的に近道になる上、景色は圧倒的に素晴らしい。時間さえ許せば、最高に印象深い旅になる事間違い無しの絶景ロードなのだ。

当然、四国に上陸せず、島旅のみ楽しみたいといった旅人も多く、休日は旅ライダー達の姿も散見される。その上、古来より潮待ちの港として栄えてきた大崎下島の御手洗地区は、当時の街並みが保存されている貴重な地域でもあり、休日は観光客も大変多い。しかし、それを除けば全体的に交通量は少なく一種の秘境感すら漂うスポットもまた大変多いのだ。特にお勧めは展望台巡り。全体的に高低差のある急峻な地形の為、各展望台からは瀬戸内の様相が一望できる。ここでしか見れない、多島海の魅せる感動的な風景は一生に残る想い出になるに違いない。しかも、観光客は殆どゼロ。万葉の古来より知られている瀬戸内の絶景を、独り占めできるとっておきの場所なのだ。

また、この地域ならではの海鮮グルメも忘れてはいけない。やはりお勧めはアナゴ。地元の常食として親しまれてきた食材の為、価格も安価。激しい潮流の中で育った身の締まったアナゴは脂と歯応えのバランスが素晴らしい。

高速コーナーの連続するスカイラインや、地平線の見える1本道とは全く縁のない地域ではあるが、ロケーション・旅感・感激度。3拍子がこれだけ高度に揃う上、お手軽。遠い地域から訪れる価値のある満足感抜群のルートだ。

1/2ページ

最終更新:6/19(水) 5:30
WEBヤングマシン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事