ここから本文です

『ゲーム・オブ・スローンズ』で注目!リチャード・マッデンの5つの事実!

6/19(水) 19:21配信

ハーパーズ バザー・オンライン

先日放送が終了した大人気ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』に出演し注目を集めたひとり、スコットランド人俳優のリチャード・マッデン。6月18日に33歳になったのを祝い、彼の知られざる5つの事実をご紹介!

【写真】『ゲーム・オブ・スローンズ』登場人物たちのルックス変遷

今後ももっと人気になることが期待されるリチャードのことを知っておいて損はなし!

スコットランド・グラスゴー出身

1986年、スコットランド・グラスゴーの郊外、エルダースリーという小さな町に生まれたリチャード。同名の父リチャードは消防士、母パトリシアは学校の教員補助。3歳上の姉カーラと2歳下の妹ローレンがいる。ふたご座、瞳の色はブルー、背は177cm。

シャイを克服すべく演劇をスタート

11歳から地元のドラマスクールに参加しているが、俳優になりたかったというより、極度の恥ずかしがり屋を治すことが目的だったのだそう。映画『Complicity』がスクリーンデビュー作。

理想の結婚相手

2010年には、地元スコットランドの新聞で「最も結婚相手に望ましい男性」にも選出されている。当時に比べてさらにキャリアも知名度もレベルアップしている今は、さらに文句なしの相手!?

あのモンスター級ドラマでブレイク

2011年から放送を開始し、世界規模で社会現象を巻き起こしたアメリカ製スマッシュヒットドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』では、主要キャラクターのひとりであるスターク家の長男ロブを演じて大きな人気を獲得。

最後の撮影を終えた後は、余韻にも浸らずとにかく早く家に戻りたかったそうで、血糊を付けたまま飛行機に乗ったため「人を殺して高跳びしようとしていると思われたかも」と話している。

話題沸騰中の音楽伝記映画にも登場

最新作は、歌手エルトン・ジョンの半生を描いた映画『ロケットマン』(8/23公開)。リチャードは、エルトン(演じるのはタロン・エガートン)のマネージャーであり恋人でもあった、ジョン・リードに扮している。

ちなみにリードは、のちにクイーンのマネージャーにもなっている人物。ロングヒットが記憶に新しい映画『ボヘミアン・ラプソディ』にも重要人物として登場していたのを覚えている人も多いのでは? 気になる人は2作を見比べてみて。

リチャードには、今後も多彩な役を演じてさまざまな顔を見せてほしいところ!

From: ELLE JP

最終更新:6/19(水) 19:21
ハーパーズ バザー・オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事