ここから本文です

もうカビない、ヌメらない。梅雨どきの排水口や浴室小物掃除

6/19(水) 20:50配信

ESSE-online

湿気が多い梅雨どきは、カビやダニ、悪臭などが発生しがち。
そこで、家事代行サービス「タスカジ」のカリスマ家政婦サニー春さんに、浴室のカビやヌメリの撃退法を教えてもらいました!

カリスマ家政婦が伝授!梅雨どきの浴室のカビやヌメリの撃退法

【排水口のケア】排水口が渇いた状態からスタート

1:排水口パーツをすべて外す

ケアは排水口が乾いている状態で、換気扇を回しながら行います。フタを取り、その下にあるゴミ受け、筒型のトラップまで外して。
「髪の毛やゴミがついていたら、取り除いておきましょう」

2:カビ取り剤をふきつける

外したパーツと排水口にカビ取り剤をふきつけます。
「パーツは別々にスプレーするより、重ねてスプレーした方が少量で全体にいきわたります」

3:古歯ブラシで泡をのばす

ゴミ受けやトラップの溝のすみずみまでカビ取り剤がいきわたるように、歯ブラシなどで洗剤をのばしていきます。

カビ取り剤の成分がしっかり働いて効果を発揮するように、そのまま5~10分ほど置いておきます。汚れがひどい場合は30分ほどおいてもOKです。

4:シャワーでしっかりすすぐ

5~10分後、シャワーでカビ取り剤をしっかり洗い流します。換気扇は、においが気にならなくなるまで回しっぱなしにしておきましょう。

【浴室小物】ヌメリが発生しやすい小物もきっちりケアを

1:風呂用洗剤をスポンジにつけこする

「ボトル類の底や、オケやイスの下方に発生しやすいヌメリは、カビと違って落としやすいのが特徴」
風呂用洗剤をつけたスポンジでこすり、洗い落とせば大丈夫。

2:すすいだらすぐ水気を取る

洗剤分を流水でよく洗い流します。
「そのあと、すぐに水気をきちんとふき取ることが大切!」
濡れっぱなしだと、再びヌメリが復活するので注意。

●その後のケアは週1回程度スポンジでぬぐえばOK

一度しっかり洗剤洗いしてしまえば、あとは週1回、お風呂掃除のときにスポンジでぬぐっておくだけでOK。石けん分と水気を残さないことが大切です。

1/2ページ

最終更新:6/19(水) 20:50
ESSE-online

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ESSE

扶桑社

2019年8月2日発売号

¥558

『ESSE(エッセ)』は生活情報誌。家事、節約、収納、レシピ等のニュースを配信中!
(9月号は特別定価558円)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事