ここから本文です

【Bellator】RENAが復活宣言「道は確実に広がってる。悔しかったら強くなれ」

6/19(水) 12:05配信

ゴング格闘技

 2019年6月14日(金・現地時間/日本時間15日)米国ニューヨーク州マジソンスクエアガーデンで開催された『Bellator 222』にシュートボクシング女子世界フライ級王者RENA(シーザージム)が参戦。

【写真】米国デビュー戦、序盤は打撃でイニシアチブを握ったRENA

 初の米国での試合、初のケージマッチでリンジー・ヴァンザント(アメリカ)と対戦。打撃でプレッシャーをかけていったRENAだが、テイクダウンを奪われて寝技に持ち込まれ、最後はリアネイキドチョーク(チョークスリーパー)で失神に追い込まれて敗れた。1R4分04秒だった。

 試合後、RENAは自身のSNSに「やっぱり私MMA向いてないわ。悲しませてごめんなさい…」と自信を喪失したような投稿をしており、今後の動向が注目されていたが、19日(水)午前11時過ぎSNSに新たに投稿。

「もっとやれた、もっとやれた、もっとやれた! なのに…悔しく虚しく情けなかった」と、全力を出せなかったことを悔やむが、「でもMMAを始めて4年でアメリカに挑戦することができた1年後は? 2年後は? 私しかできない可能性、道は確実に広がってる」と、わずか4年でここまでたどり着いた自分の1~2年先の未来を見てみたいという。

 そして「今は辛くて苦しい思い出だけど、いつか笑って話せる日がくるように。悔しかったら強くなれ」と、この敗北を振り返って笑える日が来るように、さらに強くなるとの前向きな言葉で締めくくられた。

最終更新:6/19(水) 12:05
ゴング格闘技

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ゴング格闘技

ジャパンコンテンツマネジメント

ゴング格闘技
2019年5月23日発売

定価 本体1,111円+税

【特集】世界を揺らせ&平成格闘技を総括
■堀口恭司×朝倉未来スパーリング対談
■武尊×不可思が盟友対談
■誰も知らない那須川天心

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事