ここから本文です

あえてキッチンの機能を減らしたら料理が格段にラクになった

6/19(水) 21:02配信

ESSE-online

「ミングル」という、シンプルでユニークな“ごはん装置”が、今SNSを中心に「合理的で使いやすそう」「現代の家庭にぴったり」と話題になっています。
考案者は、スープ作家の有賀薫さん。ご自宅のリノベーションに合わせ、テーブルにキッチン機能を組み合わせてつくったのが「ミングル」です。

この「ミングル」が生まれた背景や実際の使い勝手について、有賀さんに取材しました。

有賀薫さんが「ミングル」をつくった理由。今の時代に合ったキッチンを求めて

有賀さんのお宅は、築20年の、もとは一般的な間取りの3LDKの分譲マンション。息子さんが進学で家を離れて夫婦ふたりの生活となり、「住まい方と空間の使い方を根本的に見直すつもりで」リノベーションに踏みきりました。

「ミングル」が置かれているのは、明るい日差しが差し込むリビング。テーブルのサイズは95×95cm。このわずかなスペースに、中央にはIHコンロが、側面には箸やちょっとした調味料が収納できる引き出しがあります。さらに食洗器を内蔵し、テーブル脇にはシンクをつけてと、「つくる」と「食べる」に関する最小限の機能が備わっています。

「『ミングル』とは、入り混じる、混ざる、一緒になるという意味の英語で、リノベーションをお願いした設計士の方との対話のなかで、探してもらった言葉です。リノベーションに際しては、“減築(げんちく)”の考え方にヒントを得ました。よりミニマルに、シンプルにしながら、食生活がより豊かなものになるように。そして家族の誰もが気軽に料理や片づけに参加できるように。この思いをつきつめて、形にしたのがミングルでした」と有賀さん。

シンクで食材を洗い、テーブルで調理して食べて、おなかがいっぱいになったら、使ったお皿は食洗器へ。ミングルが思い起こさせるのは「調理から片づけまでをみんなで体験できる、キャンプのような雰囲気」です。

●「キッチンの方から、みんながいる場所へ出ていけばいいのではないか?」

「ミングル」が生まれた背景には、有賀さんの従来のキッチンへの素朴な疑問がありました。

「キッチンはどの家庭でも、奥まった場所や日の当たらない北側にあり、それは21世紀になった現在でも、基本的には変わっていません。わが家も、今でもミングルの奥にリノベーション前から備わっているシステムキッチンがあります。どこの家庭にもある一般的な台所で、大きいシンク、何口もあるコンロ、しっかりした換気扇と、それはそれで便利なものの、キッチン内には2人以上の人が作業できる空間がないんです。キッチンの閉塞感、多機能すぎること、そして家事シェアしやすい動線を取れないデザインが『もう、時代に合わないのでは?』と気になっていました」

夫婦ともに料理へ参加するのが当たり前になるこれからの時代。「キッチンに入っていけないのなら、キッチンの方から、みんながいる場所へ出ていけばいいのではないか?」と、有賀さんは考えました。

「人と作業が循環できる台所。これからのライフスタイルに即しているごはん装置をつくろうと思ったんです。製作中は、私、夫、建築事務所の方で話し合い、いろんなデザイン案が出ました。それで最終的にみんなが『いいね』となったのが、四角いテーブルに食洗器を内蔵させ、テーブル脇に直径50cmのシンクをつけるスタイル。テーブルの上には、照明つきの換気扇も備えています」

1/2ページ

最終更新:6/19(水) 21:02
ESSE-online

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事