ここから本文です

【ホンダF1活動第2期の10年 その3】破竹の3連勝を飾ったウィリアムズ・ホンダFW10Bで、その勢いは決定的なものになる

6/19(水) 18:30配信

Webモーターマガジン

シーズン中盤から波に乗り、終盤には独走状態

1985年第6戦デトロイトGPでの優勝できっかけを掴み、終盤3戦は完全に波に乗ったウィリアムズ・ホンダFW10B。新設計のホンダエンジンが高いポテンシャルを発揮し始めた。

【写真】マシンの細部や若き日のマンセルなどもっと見る

1985年に登場したウィリアムズ・ホンダFW10は、当時、時代のトレンドとなっていたカーボンコンポジット製モノコックを採用、ホンダも第5戦カナダGPからボア82.0mm×ストローク47.3mmの新仕様エンジンを投入するなど、大幅なパフォーマンス向上が図られた。

新仕様エンジンの投入は、2戦目の第6戦デトロイトGPで早くも成果を挙げる。ケケ・ロズベルグがここでシーズン初勝利をあげ、直後の第7戦フランスGPではロズベルグが第2期初となるポールポジションを獲得、さらには第8戦イギリスGPでロズベルグが連続ポールを達成。第13戦ベルギーGPではこの年から新加入していたナイジェル・マンセルが2位、ロズベルグも4位というリザルトを残した。

続く第14戦ヨーロッパGP(イギリス・ブランズハッチ)から、ウィリアムズもシャシをFW10Bに進化させると、その勢いはさらに加速。ついにマンセルが悲願のF1初優勝をあげ、ロズベルグも3位に入った。さらに次戦 南アフリカGPではマンセルがポールトゥウィンで2連勝。ロズベルグも2位に続き、ウィリアムズ・ホンダにとって初の1-2フィニッシュとなった。そして最終戦第16戦オーストラリアGPでは、ロズベルグが優勝してウィリアムズ・ホンダは3連勝を飾ることになる。この3戦のパフォーマンスは圧巻だった。

ウィリアムズ・ホンダFW10は、この年16戦4勝、ポールポジション3回を記録。コストラクターズランキングは3位、ドライバーズランキングでもロスベルグが3位、マンセルが6位に躍進している。ウィリアムズ・ホンダFW10/FW10Bは、その後のホンダ黄金時代の到来を告げるモデルと言えるだろう。

前年1984年9月のイタリアGPから、総責任者に桜井淑敏(よしとし)が就任し、テレメーターシステムを開発し、経験や勘ではなく、すべてのエンジニアがデータを共有できるようにしたのも大きかった。(写真:金子 博)

1/2ページ

最終更新:6/19(水) 18:30
Webモーターマガジン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ