ここから本文です

水平対向6気筒の自然吸気エンジンが帰ってくる! ポルシェ718ケイマンGT4/718スパイダーが発表に

6/19(水) 19:44配信

Webモーターマガジン

従来モデルからプラス200ccで最高出力もアップ

2019年6月19日、ポルシェAGが4L 水平対向6気筒の自然吸気エンジンを搭載する「718スパイダー」と「718ケイマンGT4」の2モデルをドイツ本国で発表した。

【写真】リアビューやコクピットなどをもっと見る

現在ポルシェがラインアップしているモデル、718ボクスター/ケイマンからパナメーラ、カイエンまでのすべてがターボエンジンを搭載している。また、高回転型自然吸気エンジンを長年採用してきた911GT3が、次期モデルも自然吸気となるか、はたまたターボ化されるのか現段階では判明していない。

そんななか、ポルシェAGは718ボクスター/718ケイマンをベースに4L 水平対向エンジン6気筒の自然吸気エンジンを搭載したグレード「718スパイダー」と「718ケイマンGT4」を本国で発表した。

420ps/420Nmを発生するこのエンジンは、最新911カレラのターボエンジンをベースとして新開発されたもの。エンジンの許容最大回転数8000rpmと、かなり高回転タイプに設計されているようだ。組み合わされるトランスミッションは6速MTのみとなっている。

従来モデルでも同様のグレード「ボクスター スパイダー/ケイマンGT4」が存在し、やはり自然吸気エンジン(3.8L 対向6)を搭載していた。その従来モデルと比較すると排気量を約200cc拡大して、最高出力は718ケイマンGT4で35ps、718スパイダーで45psも向上している。

これにより最高速は300km/hの壁を突破して718ケイマンGT4で304km/h、718スパイダーで301km/hに到達するという。また、0→100km/h加速は両モデルとも4.4秒を記録する。

また環境性能の向上も図られ、一定条件下でエンジン片側バンクのシリンダーを休止させる気筒休止システム「アダプティブシリンダーコントロール」が新たに追加された。これによって、燃費は9.17km/L(EU準拠)となっている。

エクステリアデザインでは、フロントマスクやボディサイドのエアインレットをより大きくするように変更され、これに伴ってエアアウトレットも追加されているようだ。また、公開された画像ではよく見えないが、リアサイレンサーとデフューザーの形状を変更することで空気抵抗の低減とダウンフォースの増大も果たしている。

また、718ケイマンGT4では固定式のリヤウイングを装着し、従来モデルより20%増のダウンフォースを発生、200km/h走行時には12kgにもなるという。
一方、オープンボディである718スパイダーでは、速度120km/h以上になると自動でせり出す可変式リアスポイラーを採用し、ボクスターの電動ルーフは軽量化のため手動に改められている。このルーフはいくつかのステップで簡単に格納できるという。

この他にも、30mm車高を低くするポルシェアクティブサスペンションマネージメント(PASM・718ケイマンGT4)や機械式リヤディファレンシャルを備えたポルシェトルクベクタリング(PTV)などを装備して、コーナリング性能を向上。またロールバーや消火器、運転席の6点式シートベルトなどを含むクラブスポーツパッケージ、ポルシェセラミックコンポジットブレーキ(PCCB)もオプションで用意されるという。

なお、この「718スパイダー」と「718ケイマンGT4」はドイツ本国での発表であり、日本導入については未発表だ。

Webモーターマガジン

最終更新:6/19(水) 19:44
Webモーターマガジン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ