ここから本文です

大阪・古市古墳群:「百舌鳥・古市古墳群」として世界遺産登録へ

6/19(水) 16:06配信

nippon.com

日本で2番目に大きい応神天皇陵古墳を擁す、大阪府東南部に広がる「古市古墳群」。2019年6月末からの世界遺産委員会で、「百舌鳥・古市古墳群」として大阪初の世界遺産となる見通しだ。魅力ある古墳の数々を紹介する。

墳墓数、構成資産数で百舌鳥エリアを上回る

大阪府藤井寺市から羽曳野市にかけての東西2.5キロ、南北4キロの範囲に、大小45基の古墳が点々と散らばる「古市(ふるいち)古墳群」。2019年5月14日、百舌鳥(もず)古墳群(大阪府堺市)と共に「百舌鳥・古市古墳群」として、国際記念物遺跡会議(イコモス)が世界文化遺産に登録するようユネスコに勧告。6月30日からアゼルバイジャンで始まる世界遺産委員会で正式に決定すれば、大阪府で初めての世界遺産登録となる。

古墳の中では、百舌鳥古墳群にある「仁徳天皇陵古墳(大山古墳)」が知名度で群を抜いている。全長約500メートルと日本最大の前方後円墳で、堀も3重にめぐらされているため、圧倒的な威容を誇る。

それに比して、全長425メートルと2番目に大きい「応神天皇陵古墳」と古市古墳群は国内でもあまり知られていない。しかし、現存する古墳の数は百舌鳥エリアの44個よりも1つ多く、世界遺産登録の構成資産となる49基中26基が古市エリアにあり、その規模、価値は引けを取らない。そして、ビルや住宅が密集する市街地に巨大な墳墓が次々と出現するという点では、両エリアとも世界的にも珍しい貴重な古墳群であることは変わらない。

土師ノ里駅からの観光がおすすめ

数多くある古墳を効率良く回るためには、百舌鳥・古市古墳群世界文化遺産登録推進本部会議が発行する『ウォーキング・マップ』が参考になる。マップは周辺駅や観光案内所などで手に入るが、公式ホームページでも日英版がダウンロードできる。

古市古墳群のマップでは、「健脚コース(約7.4キロ、約3時間)」「クイックコース(約4.4キロ、約1.5時間)」「撮っておき!コース(約4.4キロ、約1.5時間)」の3種類を紹介している。健脚コース以外の2つがスタート地点とするのが、近鉄南大阪線の「土師ノ里(はじのさと)」駅(藤井寺市)。ここから古市エリアでは一番大きい応神天皇陵古墳に至るまで、大小の古墳が連なっているので飽きることなく歩けるルートである。

土師ノ里駅を降りたら、まず北側にある「允恭(いんぎょう)天皇陵古墳」を訪れたい。駅から徒歩で約5分の住宅地に、古市エリアで4番目の大きさとなる前方後円墳が出現する。北側まで回り込むと前方部が眺めやすい。堀に群生するアシが冬枯れて茶色くなる12月は、古墳の緑と鮮やかなコントラストを描く。

一度駅に戻ってから、南西に位置する巨大古墳「仲姫命(なかつひめのみこと)陵古墳」を目指す。全長290メートルで、古市で2番目の大きさを誇る。允恭天皇陵古墳からは徒歩で10分ほど。拝所がある南西側には、前方部を向かい合わせに「古室山古墳」が見える。全長約150メートルで、仲姫命陵古墳と応神天皇陵古墳を橋渡しするような形で横たわっている。公園として整備されているので、墳丘の中に入ることができる珍しい古墳だ。

古室山古墳の南の西名阪自動車道の高架をくぐると、すぐに墳丘長110メートルの「大鳥塚古墳」がある。その南側にそびえるのが、応神天皇陵古墳の森だ。拝所は北側にあり、その奥に広がる鬱蒼(うっそう)とした墳墓の迫力には息を飲む。墳丘を堀が囲み、その周囲にも木々が生い茂る。大き過ぎて地上から肉眼で全容を把握することはできないが、森には神秘の力が宿っているように感じられる。

1/2ページ

最終更新:6/19(水) 16:06
nippon.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事