ここから本文です

【意外なオールマイティさ】CBR400R vs 400X 試乗比較インプレッション #01[CBR編]

6/19(水) 17:50配信

WEBヤングマシン

フルカウルとアドベンチャーの異種格闘技戦!?

前モデルまで、エンジン&車体はもちろん、ホイールやサスペンションまで共通だったホンダのミドル兄弟車、CBR400Rと400X。今回のモデルチェンジで成長期を迎え、それぞれの目指すキャラクターへの進化の道を歩きはじめた!

【映像でインプレッションをチェック!】

●テスター:丸山 浩 ●まとめ:谷田貝洋暁 ●写真:岡 拓

2車の違いとは?:同じ出身のモデルがそれぞれの道を歩み始めた

399cc並列2気筒エンジンを搭載し、2013年に登場したCBR400Rと400Xは、いわゆるプラットフォーム戦略車。フルカウル、ネイキッド、クロスオーバーの3種類(当時は国内モデルにCB400Fもあった)の異なる外装をまといながら、その中身は同一コンポーネント。スチール製ダイヤモンドフレームに17インチラジアルタイヤ、同一軸距という内容だった。わずかに400Xだけキャスター&トレールが異なっていたが、ロードスポーツという基本的なキャラクターは一緒だったのだ。

それがである。今回のモデルチェンジでは、ベース車体の熟成とともに、それぞれの個性を伸ばされることになった。一番わかりやすいのは400Xのフロントホイール19インチ化。キャスター&トレールはもちろんのこと、ハンドルポジションもそれぞれのキャラクターに合わせて再設定。FIマップも別々のものが与えられているという。

このラウンド2ではそれぞれにどういうキャラクターが与えられることになったのかを検証していくことにしよう。

CBR400Rは“RRルック”で個性を伸ばす

2018年型CBR400R:旧CBRは、セパレートハンドルがトップブリッジ上に取り付けられ、その分フロントマスクも大きく頭でっかちな印象。スイングアームエンドも角パイプのままだ。

前作比でエンジンは、カムシャフトを新作し3000~7000回転りあたりのトルクを3~4%増強。またFIセッティングも煮詰められている。ちなみにCBRと400XでFIのマップも違う。

バックトルクの軽減とクラッチレバーの操作が軽くなるスリッパークラッチをそれぞれ新採用。とくにレバーのタッチの軽さはツーリングで大きなアドバンテージとなるだろう。

1/3ページ

最終更新:6/19(水) 17:50
WEBヤングマシン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事