ここから本文です

水の飲みすぎで胃がむくむ…中医学から読み解く、むくみ解消法

6/19(水) 22:00配信

ウィメンズヘルス

「よく水を一日に2L飲むのがいい、という話を信じて実行している人がいますが、水分の摂り過ぎは胃のむくみを引き起こします」。と、水の飲み過ぎに警鐘を鳴らすのは中医学を専門とする今中健二先生。もちろん、水分摂取は必要なこと。しかし、代謝しきれないほど、無理に水を摂取すると、胃がむくんで、体に負担をかけてしまっているのだそう。その理由とは?

【動画】ベッドでできる「むくみ」解消エクササイズ

「水分を摂りすぎると、まず胃酸が薄まります。胃酸は消化液なので、消化機能が低下しますよね。消化機能が下がると、食べた物を消化するために熱が発生し、胃は熱を帯びてくるのです。その熱を感じて、さらに水を飲みたくなる。そしてまた消化機能が低下する、というデフレスパイラルに陥るのです」

「摂り過ぎた水分は、キャパシティを超えて顔や全身へと二次的なむくみとして広がっていきます。くすみ、腫れ、シワ、二重アゴ、腰痛、ひざ痛、生理痛まで引き起こしていきます。このむくみが様々な血行不良を招いてしまいます。例えば血液さらさらとイメージして、水分過多になっている方が十二指腸がむくんでいると、インスリンの供給低下がおこり、その結果糖尿病を引き起こし、血液ドロドロになることもあります。また血管の外でおきたむくみが、血液の流れを止めてしまい静脈瘤(じょうみゃくりゅう)のもとになることもあります。健康や美容のために飲んでいた水が、飲みすぎることでこんなトラブルを招いてしまうんですね」

解消法 1:発汗して体内に適切な水分を残す

「摂りすぎた水分を控えめにするのはもちろんですが、運動などで発汗して、体内を活性化させて水分を出してしまうのがオススメです。ダラダラかくほど頑張らなくても、しっとりと汗が出る程度の運動から始めて、体内の機能を目覚めさせましょう」

解消法 2:カラダを温め、利尿作用のあるお茶を習慣に

「水の飲み過ぎによる様々な症状の緩和には、利尿作用のある黒豆茶や珈琲、あるいはトウモロコシのひげ茶などがおすすめ。冷たいものは、のどごしが良いので飲みすぎてしまうおそれもあるので、温かいものを飲む方が良いですね。ただ利尿効果があるからといっても、飲みすぎるのもNGです。身体に必要な水分量を補う様に心がけましょう」


監修:今中健二
中国江西省新余市第四医院医師。社同仁広大代表取締役。西洋医学との垣根を超えた「患者の立場に立った医療技術」発展のため、医師や看護師、医学生を対象とした講座を開催。神戸大学、神戸市看護大学での特別講義、中医学にもとづいたがん治療講演など、全国各地で精力的に活動を行っている。

最終更新:6/19(水) 22:00
ウィメンズヘルス

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ウィメンズヘルス

ハースト婦人画報社

世界54カ国以上で愛される、
フィットネス&ライフスタイルメディア。
ワークアウト、フード、ウェルネスなどの
情報を毎日更新でお届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事