ここから本文です

【競泳】欧州グランプリ/世界ジュニア組が躍動! 難波実夢が女子400自優勝、佐藤翔馬は男子200平3大会連続の表彰台

6/19(水) 15:22配信

ベースボール・マガジン社WEB

◆欧州グランプリ第3戦・バルセロナ大会(スペイン/長水路・50m/6月15~16日)
 光州(韓国)世界選手権代表組が今週末のセッテコッリ大会(イタリア)に出場するため、8月のブダペスト(ハンガリー)世界ジュニア選手権代表のみが出場したバルセロナ大会。女子400m自由形では同種目高校記録保持者の難波実夢(MGニッシン/高2)が4分8秒86をマークし優勝を飾った。

 また、男子200m平泳ぎでは、佐藤翔馬(慶應義塾大1年/東京SC)が2分10秒28の記録で3位となり、第1戦・モナコ大会の優勝、第2戦・カネ大会の3位に続き、欧州グランプリ全戦で、表彰台に上った。

 海外勢では男子50、100m平泳ぎの世界記録保持者、アダム・ピーティ(英国)が次元の違う強さを見せ、女子平泳ぎの大ベテラン、ユリア・エフィモワ(ロシア)も100、200mをハイレベルな記録で制している。

 そして、“鉄の女”カティンカ・ホズー(ハンガリー)も3戦を通じて200、400m個人メドレーで強さを見せつけた。記録だけ見れば、日本の大橋悠依(イトマン東進)、大本里佳(中央大4年/イトマンSS)も十分に戦えるレベルだが、世界選手権をどのような状態で迎えるのか、大いに注目が集まる。

欧州グランプリ第3戦バルセロナ大会 優勝者と日本選手の最終結果

<男子>
▼50m自由形
1位/B・プラウド(英国)21.58
▼100m自由形
1位/B・コレイア(ブラジル)48.89
▼200m自由形
1位/T・ディーン(英国)1.47.30
▼同予選
45位/本多  灯(ATSCYW/高3)1.53.11
▼400m自由形
1位/A・クラスニフ(ロシア)3.48.72
▼1500m自由形
1位/J・ミツカ(チェコ)15.03.01
▼50m平泳ぎ
1位/A・ピーティ(英国)26.55
▼同予選
25位/荒井 悠太(アクラブ稲城/高3)29.07
33位/佐藤 翔馬(慶應義塾大1年/東京SC)29.64
▼100m平泳ぎ
1位/A・ピーティ(英国)58.15
▼同B決勝
4位/荒井 悠太(アクラブ稲城/高3)1.01.90
▼同予選
19位/佐藤 翔馬(慶應義塾大1年/東京SC)1.02.61
▼200m平泳ぎ
1位/M・コッホ(ドイツ)2.08.79
3位/佐藤 翔馬(慶應義塾大1年/東京SC)2.10.28
7位/荒井 悠太(アクラブ稲城/高3)2.12.72
▼50mバタフライ
1位/M・ベコビシュチェフ(ロシア)23.68
▼100mバタフライ
1位/K・ミラーク(ハンガリー)52.04
▼200mバタフライ
1位/D・トーマスベルガー(ドイツ)1.57.38
▼同B決勝
1位/本多  灯(ATSCYW/高3)1.59.94
▼50m背泳ぎ
1位/M・アンドリュー(米国)24.67
▼100m背泳ぎ
1位/M・アンドリュー(米国)53.85
▼200m背泳ぎ
1位/C・フォスター(米国)1.58.88
▼200m個人メドレー
1位/T・ディーン(英国)1.59.35
▼400m個人メドレー
1位/J・ポンス(スペイン)4.14.81
15位/本多  灯(ATSCYW/高3)4.28.17

1/2ページ

最終更新:6/19(水) 15:22
ベースボール・マガジン社WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事