ここから本文です

【ONE】森本“狂犬”義久が7.12 ONE初参戦。オープンフィンガーグローブでジョシュ・トナーと対戦

6/19(水) 14:16配信

ゴング格闘技

7月12日(金)マレーシア・クアラルンプールのアクシアタ・アリーナで開催されるONE Championship「ONE: MASTERS OF DESTINY」に、RISEフェザー級(57.5kg)2位の森本“狂犬”義久(BRING IT ON パラエストラAKK)が出場することが発表された。森本はONE初参戦。オープンフィンガーグローブで豪州のジョシュ・トナーとヒジ無しのキックルールで対戦する。

【写真】秋元皓貴からダウンを奪い返しているジョシュ・トナー

森本とONEの契約は2018年8月の時点で発表されていたが、森本が11月に予定されていた篠塚辰樹戦前の練習中に腕を骨折。治療後、2019年5月19日のRISE後楽園大会で篠塚辰樹と対戦し、延長戦におよぶ激闘の末、森本が判定勝ち。今回、満を持してONE初参戦の運びとなった。

森本は空手出身のアグレッシブファイターで、パンチ、ハイキック、ヒザ蹴りとどの技でも倒せる破壊力の持ち主。15勝のうち10勝がKOで、この数年間RISEを盛り上げてきた主力選手の一人だ。

今回の試合はリングでのオープンフィンガーグローブ戦。パラエストラ所属の森本は、MMAの練習も行った経験もあり、オープンフィンガーグローブの感触は経験済みだ。試合が発表された森本はtwitterで「喧嘩旅行楽しみ。ぜってーぶっ倒してやるよ」と意気込みを記している。

対するジョシュ・トナーは元ISKA世界フェザー級王者。K-1でも活躍した豪州のベン・エドワーズらが所属していたブルドッグジムでキックボクシングを始め、現在はstockade training centreで練習に励む。

トナーは、2016年11月のK-1 WORLD GP初代フェザー級王座決定トーナメント一回戦で小澤海斗に1R KO負け後、ONEに参戦。2018年7月にペッダムに2R KO負けも10月にはジョセフ・ラシリに判定勝ち。2019年1月のONEでは秋元皓貴に判定負けも、秋元の左ミドルに右フックを合わせてダウンを奪っている。(※秋元は3月両国大会でラシリに判定負け)。

オーソドックス構えからの左ミドルの連打、強い首相撲からのこかし、そしてラシリ戦でも見せた打ち合いに退かない強気なトナーの性格は、同じオードソドックス構えの森本と噛み合うこと必至。しかしトナーはサウスポー構えでも戦うことがあり、オープンフィンガーグローブ戦でも一日の長がある。森本は難敵トナーを下し、ONE初陣を勝利で飾ることができるか。

最終更新:6/19(水) 15:10
ゴング格闘技

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ゴング格闘技

ジャパンコンテンツマネジメント

ゴング格闘技
2019年5月23日発売

定価 本体1,111円+税

【特集】世界を揺らせ&平成格闘技を総括
■堀口恭司×朝倉未来スパーリング対談
■武尊×不可思が盟友対談
■誰も知らない那須川天心

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事