ここから本文です

『買ってはいけない』著者が教える「食べてもいい“安全”食品」

6/19(水) 16:06配信

女性自身

「健康志向やダイエット・ブームで『糖質オフ』や『カロリーゼロ』などを売り文句にした食品が増えています。しかし、健康志向をうたう食品に使われがちな『合成甘味料』は、自然界に存在しない『化学合成物質』。それらは内臓機能を損なったり、免疫力を低下させて、がんの引き金になるものもあるんです」

こう話すのは、ベストセラー本『買ってはいけない』著者で、近著に『OK食品 NG食品 どちらを食べますか?』(WAVE出版)がある科学ジャーナリストの渡辺雄二さん。店頭で買い物をするときには、商品のパッケージ裏にある原材料名表示の添加物に目をやることが必要だと言う。

「その原材料名の欄には米、小麦粉、みそ、砂糖などの食品原料のあとに、着色料、保存料など添加物を記載することが義務づけられています。食べてもOKかNGかは、ここに何が書いてあるかに注目して判断してください」

私たちが、日ごろ口にする頻度の高い食品に入っている添加物のうち、“危険添加物”は次の5つだ。

【カレールー】

健康に悪影響がある添加物:カラメル色素、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)
NGな理由:合成甘味料のアセスルファムKは肝臓障害を引き起こす可能性も。スクラロースは有機塩素化合物の一種。リンパ球が減って免疫力が低下する心配がある。

【ソーセージ】

健康に悪影響がある添加物:発色剤(亜硝酸Na)
NGな理由:発色剤の亜硝酸Naが添加されている。亜硝酸Naは、食肉中のアミンと結合して発がん性のあるニトロソアミン類を作り、がんになるリスクを高めるとも。

【フルーツ缶】

健康に悪影響がある添加物:着色料(赤色3号)
NGな理由:さくらんぼを真っ赤にするためタール色素の赤色3号が使用されている。動物実験の結果などから発がん性の疑いが持たれている。

【低糖質発泡酒】

健康に悪影響がある添加物:カラメル色素
NGな理由:カラメル色素が添加されている。カラメル色素は4種類あり、カラメル3とカラメル4には発がん物質が含まれるが、種類の表示がないので危険度はわからない。

健康を損なうおそれがある、とくに“危険”な5つの添加物を忘れずに覚えておこう。

1/2ページ

最終更新:6/19(水) 16:32
女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2879号・8月20日発売
毎週火曜日発売

特別定価430円(税込)

小泉進次郎議員 目撃!滝クリと合コン
松本潤 美 少年ライブにLA極秘帯同!
役所広司 志賀廣太郎喜ばせた陸王の絆

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事