ここから本文です

次期英首相最有力、ボリス・ジョンソンは国をぶっ壊しかねない問題児

6/19(水) 20:58配信

ニューズウィーク日本版

キャメロン元首相はライバル

2001年には、下院議員に当選。スペクテイター誌の編集長や新聞のコラムニストも兼任した。05年、再選。

ジョンソンと同時期に下院に初当選したキャメロンは、05年には保守党党首に就任して、出世街道を驀進していた。

下院議員としてはほとんど功績上げていなかったジョンソンは、自分なりの政治経歴を築くための活躍の場として、ロンドン市長選に目を向けた。ゆくゆくは首相の座を狙っていたが、この時はもしそんなことを言ったら、笑われるだけだったろう。

■ロンドン市長として、実績を積む

2008年、保守党の支持を受けたジョンソンは、初代ロンドン市長ケン・リヴィングストンを破って、ロンドン市長選に当選。12年には再選し、この年の夏に開催されたロンドン五輪・パラリンピックの大成功を手柄とした。

筆者はこの時ロンドンにいたが、開催前「五輪には興味がない」という声が大きかったが、いざ蓋を開けてみると国民全体が五輪・パラリンピックを熱狂的に応援した。国民の人気者ジョンソンの元に一つにまとまった感じがあった。

ロンドン市内で自転車をシェアする「ボリス・バイク」の仕組みを実現させ、市内の公共交通機関でのアルコール飲酒の禁止のほかに、左派リベラル的な政策例えば物価が高いロンドン市内の最低時給制度の維持、非合法滞在の移民への恩赦のほかにLGBTの行進にも積極的に参加した。

キャメロンが2010年に初の首相(自由民主党との連立政権)に就任し、ジョンソンは先を越されてしまった。そこで、ロンドン市長になったことを機に議員を辞めていたが、2015年の下院選に出馬した。当選を達成し、保守党・党首そして首相就任への下地ができた。

■離脱運動の立役者に

首相の座が手に届くところまで迫ったのは、2016年だ。

この年6月、EU加盟の是非をめぐる国民投票が行われたが、離脱キャンペーンを主導した一人がジョンソンだった。離脱を何年も前から主張してきた「英国独立党」のナイジェル・ファラージ党首(当時)は独自でキャンペーンを展開したが、離脱運動公認組織「ボート・リーブ」の中心なったのがジョンソンで、「英国を自分の手に取り戻そう」と国民に呼びかけた。

国民投票の結果が出て離脱が決定すると、残留派を主導したキャメロンは辞任表明。党首選が始まった。

この時も、最有力視されていたのはジョンソンだった。いよいよ、ジョンソンが立候補宣言をする日が訪れた。

しかし、候補宣言をするための重要な記者会見が始まる直前、党首選でジョンソンを支持すると確約していた、同じく離脱派のマイケル・ゴーブ司法相(当時)が自ら立候補宣言。党内の支持基盤が崩れたことで、ジョンソンは立候補をあきらめざるを得なくなった。腹心の同僚から裏切られるという劇的な展開だった。

2/4ページ

最終更新:6/19(水) 21:26
ニューズウィーク日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

CCCメディアハウス

2019-8・27号
8/20発売

460円(税込)

【特集】香港の出口
拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事