ここから本文です

次期英首相最有力、ボリス・ジョンソンは国をぶっ壊しかねない問題児

6/19(水) 20:58配信

ニューズウィーク日本版

キャラは抜群

「ジョンソンは、もうだめだ」「これで首相になる可能性はゼロになった」。誰もがそう思った。

しかし、内相が転じて党首・首相になったテリーザ・メイはジョンソンを外相に抜擢。ひとまず、ジョンソンは政治家として息を吹き返した。

ところが、昨年7月、メイ首相による離脱協定案が気に入らず、抗議の辞任をしてしまう。「離脱強硬派」として知られるようになったジョンソンは、テレグラフのコラムを通じて、「自分なら、本当の離脱を実現できる」と主張するようになった。

「先の党首選で引き下がったジョンソンが、また犬の遠吠えか」。そんな思いを持つ人も多かった。

しかし、ジョンソンは次期首相の座を目指し、強力なキャンペーンチームで周囲を固めて虎視眈々と次の出番のために準備していた。

■圧倒的な人気を誇る

保守党の党首は以下のようにして選ばれる。

立候補者が複数出た後、保守党議員らによる数回の投票で、二人に絞り込む。

全国の保守党員約16万人が、二人のうちいずれかに投票する。党首が決定するのは7月末の見込みだ。

先週、議員らによる最初の投票があったが、11人の立候補者の中でトップはジョンソン候補(114票)。2番目のジェレミー・ハント外相は43票、ジョンソンの半分以下だ。2回目の投票は18日。ここでもトップはジョンソン(126票)。2位以下はハント(46票)、ゴーブ環境相(41)、ローリー・スチュアート国際開発相(37票)、サジ・ジャビド内相(33票)の順であった。

なぜこれほどの差をつけているのか?

一つは、ジョンソンの保守党内での圧倒的な人気だ。イギリスの政界でファーストネームの「ボリス」で呼ばれる議員はジョンソンしかいない。知名度が抜群なのだ。

キャラクターとしての「ボリス」は、エリート層で頭が良く、それなのに気取っておらず「ジョークを飛ばす面白い奴」だから、どんな社会層の人ともつながることができる。

おっちょこちょい気味で、ロンドン市長時代にはワイヤー滑降を試みて宙吊りになったままのぶざまな格好を披露したが、これもまた「笑える」エピソードとして好感につながってゆく。

国民の間には「保守党が約束した離脱を実行してほしい」という強い思いがあり、離脱強硬派のジョンソンはぴったりだ。

ロンドン五輪の際の輝かしい功績も人々の記憶に残っており、「ボリスなら、きっと何か楽しいことをやってくれる」、「イギリスを一つにまとめてくれるだろう」という大きな期待感がある。

保守党員にとっては、最も重要な要素である「彼が党首なら、選挙に勝てる」ことも大きな要因だ。

3/4ページ

最終更新:6/19(水) 21:26
ニューズウィーク日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

CCCメディアハウス

2019-8・27号
8/20発売

460円(税込)

【特集】香港の出口
拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事