ここから本文です

当て逃げ中国船に弱腰対応の比ドゥテルテ、国内から総ブーイング

6/19(水) 21:41配信

ニューズウィーク日本版

麻薬犯罪には超法規的殺人で対応し、産廃ゴミなどを偽装輸出したカナダには「戦争だ」といきまくフィリピンのドゥテルテ大統領。だが相手が中国だと途端に事なかれ主義に──

フィリピンが中国との間で領有権争いをしている南シナ海のリード礁(フィリピン名レクト環礁)で6月9日、フィリピンの排他的経済水域(EEZ)内の海域に停泊中のフィリピン漁船に中国のトロール船が衝突する事件が発生した。

[動画] 当て逃げされ生還したフィリピン船長が証言

漁船は沈没し、乗っていた漁民22人は海上で救助を求めていたにも関わらず、中国船は現場を立ち去り、数時間後に通りがかったベトナム船に漁民たちは全員救助された。この事件がフィリピン国民の反中感情を爆発させているが、ドゥテルテ大統領は今回の事件には極めて冷めた対応に終始しており、これがさらに国民の怒りを招く事態となっている。

フィリピン国防省が12日にこの事故の事実を明らかにすると、「停泊中の船舶に衝突した」「要救助者を助けず逃走した」ことに対し、厳しい中国批判がフィリピン国内で噴出した。

フィリピン政府関係者も「海上の漁民を見捨てる行為は野蛮だ」(フィリピン大統領府)、「当て逃げは臆病な行為である」(デルフィン・ロレンザーナ国防相)、「錨を下ろして停泊中の船舶への衝突は国際ルール違反であり、一般的な海上交通事故ではない。フィリピン漁船はぶつけられたのである」(ロバート・エンぺドラド海軍長官)、「もし衝突が意図的なら(中国との)断行もありうる」(サルバドール・パネロ大統領府報道官)「漁民を見捨てた行為は犯罪的行為である」(パンフィロ・ラクソン上院議員)と批判。また6月12日のフィリピン独立記念日にはマニラ市内の中国領事館前に抗議のデモ隊が押し寄せる事態に発展した。

■開き直りから一転、認めるも言い訳終始

こうしたフィリピン側に対し、中国当局は当初「一般的な海上交通事故」「衝突した船が中国船とは未確認であり事実を立証もせず衝突事故を政治化することは無責任」(中国外務省の耿爽報道官、13日の記者会見)と責任逃れをするばかりか、逆にフィリピンを批判するなど開き直っていた。

ところがフィリピン漁船員の「衝突してきたのは中国船」との証言や抗議デモで中国への反感が急速に高まったことを受けて15日には「衝突したのは中国のトロール船(粤茂浜漁42212)だった」と中国側は事実を認めざるを得なくなった。

しかし「中国船の船長は救助しようとしたが他のフィリピン漁船に囲まれるのを恐れた。他の船に漁民が救助されるのを確認して立ち去った」と主張し、フィリピン側の「要救助者を放置して逃走した当て逃げである」との指摘はあくまで否定、言い逃れに終始した。

この中国側の言い分には「意図的衝突でないなら救助をためらい、まして恐れる必要はない」「いかなる理由も要救助者を身捨てる理由にはならない」とフィリピン国内の反発に油を注ぐ結果を招いただけだった。

1/2ページ

最終更新:6/19(水) 21:41
ニューズウィーク日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

CCCメディアハウス

2019-7・23号
7/17発売

460円(税込)

【特集】日本人が知るべきMMT
アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事