ここから本文です

「肉好き」と「ベジタリアン」うつ病になりやすいのはどっち?

6/19(水) 6:05配信

幻冬舎plus

加藤雅俊 (薬剤師・体内環境師)

やる気を高めるノルアドレナリン、快感をもたらすドーパミン、精神を安定させるセロトニン、男らしさをつくるテストステロン、「可愛い」「守りたい」という気持ちを引き出すオキシトシン……。私たちの心や行動は、こうした「ホルモン」に支配されています。『奇跡のホルモン・スイッチ』は、そのホルモンを自在に操る方法が書かれた一冊。仕事から恋愛まで、読めば人生がバージョンアップする本書の一部をご紹介します。*   *   *

セロトニンは肉からつくられる

野菜はビタミンやミネラルが多く体に大切な食べものですが、そればかりだと「心の病気」になってしまいます。

肉を食べないベジタリアンは、感情をコントロールする脳内ホルモンであるセロトニンを作る材料が不足するため、鬱病になりやすい傾向があります。

アメリカとイギリスの共同チームが、ある調査を行いました。菜食中心の食生活が精神衛生にどのような影響を及ぼすかという調査です。

イギリスで自己申告された約1万人の食生活データを分析したところ、菜食主義だと答えた人は肉を食べる人に比べて鬱病になるリスクが高いことがわかりました。自己申告なので、自称菜食主義者の中には肉を食べている人もいるかもしれません。とはいえ、菜食中心の食生活と精神衛生の関連性は無視できないものがあると言えるでしょう。

そのため、ベジタリアンの方は食事の内容に、少し工夫をすることが大切だと思います。

セロトニンは、食事から得るアミノ酸のトリプトファンとビタミンにより脳内で作られます。トリプトファンは大豆で摂取できますが、ビタミンは肉や魚などに多く含まれているため、意識して摂らないと、どんどん不足する恐れがあります。野菜や果物の中では、とうがらし、にんにく、バナナなどに多く含まれているので、ベジタリアンの方は積極的に摂っていただきたいです。

また、ベジタリアンは、鬱病になりやすいだけではなく、実は糖尿病にもなりやすい傾向があることもわかっています。

糖尿病は、食後に増加した血糖を処理できずに高血糖になる病気です。本来、食事によって血糖値が上昇すると、すい臓からインスリンというホルモンが分泌されて血糖をとりこみ、エネルギーとして利用したりタンパク質の合成や細胞の増殖を促したりします。しかし、ベジタリアンはインスリンを上手に分泌できません。インスリンの材料であるアミノ酸が不足する傾向にあるからです。

ベジタリアンは、どうしてアミノ酸が不足しやすいのでしょうか。

アミノ酸は20種類あり、そのうちの9種類は人体では生成できないため、食事で補わなくてはいけません。開業医でスポーツ栄養士のブランドン・メントル医師は、「動物性タンパク質はこの9種類をカバーするけれど、植物や野菜などのシンプルな有機体は、必ずしも全種類カバーできるとは限らない」と警鐘を鳴らしています。

これは、インドが糖尿病大国であることとも関係していると思います。2045年にはインドの糖尿病患者数は1億2000万人に達して、世界一になると予測されています。そのころ、インドの人口は約16億人と予測されているので、約13人に1人が糖尿病患者になるという計算になります。

インドは、宗教上の問題で菜食主義者が多いため、糖尿病のリスクを高めているのではないかと、私は懸念しています。

1/2ページ

最終更新:6/26(水) 17:05
幻冬舎plus

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事