ここから本文です

【MLB】田中将大、圧巻の2安打完封に辛口NYメディアも絶賛連発「支配的」「キャリア最高級」

6/19(水) 8:13配信

THE ANSWER

普段は手厳しいNYメディアも手放しで絶賛「タナカが輝く」

 米大リーグ、ヤンキースの田中将大投手が、17日(日本時間18日)の本拠地レイズ戦で今季初完封。9回を散発2安打、今季最多の10三振を奪う圧巻の投球で5勝目(5敗)を挙げた。二塁を踏ませないほぼ完璧な内容のシャットアウトに、辛口で知られるニューヨークメディアも賛辞を連発している。

【動画】これが「タナカタイム」の一部始終、低めにスプリットが、スライダーがズバズバ決まる! 田中の圧巻奪三振ショー

 ベストピッチと呼ぶにふさわしい圧倒的な投球だった。低めにスプリット、スライダーをきっちりと制球し、三振の山を築いた。111球の無四球完封勝利。うち76球がストライクと崩れる気配すらなかった。

 見事な投球内容に、普段は厳しいニューヨークメディアも手放しで称えている。

 地元紙「ニューヨーク・ポスト」は「マサヒロ・タナカが完封試合で輝く」の見出しで完封劇を特集。「勝利は2安打の完封劇を演じたマサヒロ・タナカの支配的なピッチングによってもたらされた」と勝利の立役者と称賛している。

 さらに「タナカに対してレイズは今シーズンあまりダメージを与えられていない」として、レイズ戦の相性の良さをデータで紹介。「彼はレイズとの過去2試合計13イニングで、1点しか許しておらず、月曜日にはより良いピッチングを見せた」とア・リーグ東地区で首位を争う相手に対して、安定感抜群の投球を続けていることを高く評価している。

スプリット&スライダーを絶賛「キャリアにおける最高の試合の一つ」

 ニュージャージー州のニュースサイト「NJ.com」も田中の完封にフォーカスした。

「月曜日の夜、田中のスプリットは非常に良かった。今シーズン最も効果的な彼の武器であるスライダーも同じように良かった」と勝負球を絶賛した。

 さらに「そのワンツーコンボと少しのツーシームを混ぜた良い変化が、ア・リーグ東地区で首位を争うレイズとの大事な3連戦初戦で、3-0の完封勝利とタナカのキャリアにおける最高の試合の一つを引き出した」とメジャー移籍後6年目で屈指の内容だったと振り返っている。

 米ヤフースポーツも「チームにとって難しい1週間を、マサヒロ・タナカはタンパベイ・レイズ相手のマウンド上で、簡単そうに事を成し遂げた」と役割を果たしたことを称賛。そして自身4度目の完封を、自身のキャリアで最高の被安打2の10Kで達成したことも伝えている。

 ライバル・レイズ相手の価値ある完封劇。現地メディアの田中評もうなぎ上りだ。

THE ANSWER編集部

最終更新:6/19(水) 10:35
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ