ここから本文です

すぐに痩せたい夏、その「置き換えダイエット」は大丈夫? オススメは“夕食”にあり

6/19(水) 11:53配信

THE ANSWER

「食べて、消費する」ループを作ることがダイエット成功の近道

 とはいえ「太りやすくなった」「夏ヤセをしなくなった」という方が、夏に向けて食事制限で体重を落としたい、という気持ちになるのもわかります。しかし、初夏から初秋にかけては、日中、気温が高く、室内は冷房が効いているなど、寒暖差が大きく、体は大変なストレスにさらされます。そういう時はむしろ、栄養価の高いものをしっかり食べないと、体がもちません。また、女性は真夏でも冷えに悩む方が多い。ですから、日中、カロリーのあるものをしっかり食べて、体温を上げることは、とても大事なのです。

 どうせ「置き換えダイエット」をするのであれば、一品で、たくさんの栄養と食材が摂れるものにしませんか? そこで、おすすめしたいのが夕食の「具沢山スープ」ダイエットです。

 野菜をたっぷり入れた温かいスープは、栄養満点で低カロリー。しかも体を冷やしません。朝食と昼食はがっつり食べて頭と体をしっかり働かせる。そして、あとは寝るだけ、夕食を具沢山スープで軽めに済ます。食事が22時以降と夜遅くなる場合は、ご飯を抜いてもOKです(スポーツ選手は、ご飯抜きはNGです)。

 具材はにんじん、玉ねぎ、イモ類(ジャガイモ、さつまいも)をベースに、あとは何を加えてもOK。なすやズッキーニといった季節の夏野菜、小松菜やホウレン草といった葉野菜、さやいんげんやそら豆、ひよこ豆などの豆類、そしてきのこ類と、種類の異なる野菜を1品ずつ入れるとバランスも良くなります。さらにトマトやかぼちゃなど、野菜ベースのスープにすれば、本当にたっぷり、野菜をいただけます。

 これを休日にたくさん作り置き。日によって、鶏ささみ肉や卵、豆腐など、異なるたんぱく質の食材を加えましょう。飽きたらカレー粉を入れてカレースープに変身させたり、グリルした肉や魚のソースとしてたっぷり使ったりするのもいい。

 代謝は年々低下しているので、もちろん、今までと変わらない生活を続けていたら、体脂肪はついていきます。かといって、栄養価が低く、低カロリーのものを食べ続けては、疲労とストレスだけが蓄積し、いつか反動が来ます。

 ダイエットの一番のポイントは、「ガマンをしない」です。栄養価の高く、低カロリーな食事を味わって食べる。そしてできれば、少しだけでも運動をする。そうやって、「食べて、消費する」ループを作ることこそ、ダイエット成功の近道ですよ。

長島 恭子
編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビューや健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌などで編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、サンマーク出版)、『カチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチ』(永井峻著、高橋書店)など。

橋本 玲子
2003年ラグビーワールドカップ日本代表、サッカーJ1横浜F・マリノス(1999年~2017年)、ラグビートップリーグ・パナソニック ワイルドナイツ(2005年~現在)、車いすバトミントン選手の栄養アドバイザーとして、トップアスリートのコンディション管理を「食と栄養面」からサポート。また、未来のアスリートを目指すジュニア世代と保護者に向けて、健康なこころとからだを育むための食育活動なども行っている。

長島 恭子 / Kyoko Nagashima

2/2ページ

最終更新:8/3(土) 1:44
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事