ここから本文です

井岡一翔、4階級制覇を“KOダイナマイト”内山高志が祝福「僕は絶対無理。凄いです」

6/19(水) 22:51配信

THE ANSWER

内山氏のジムで練習することも多い井岡の快挙を称賛

 ボクシング元世界3階級王者のWBO世界スーパーフライ級2位・井岡一翔(Reason大貴)が、日本人初の4階級制覇の快挙を達成した。19日の同王座決定戦(千葉・幕張メッセ)で同級1位アストン・パリクテ(フィリピン)に、10回1分46秒TKO勝ち。世界戦通算15勝とし、元WBA世界ライトフライ級王者・具志堅用高(協栄)を超える日本人単独最多となった。解説席で偉業を見届けた、元WBA世界スーパーフェザー級王者の内山高志氏も適応力の凄さを称賛した。

【画像】試合の数か月前にはこんなシーンも… 金髪姿の井岡と“KOダイナマイト”内山の2ショット

 序盤、中盤と相手の距離で戦わずにクレバーに戦い、最後は勝負所を逃さなかった。終盤にペースの落ちたパリクテ。10回にラッシュで一気に仕留めた。

 テレビの解説を務めた内山氏はその適応力の高さを称賛した。

「凄く度胸のいるボクシング。(打ち合うのは)怖いじゃないですか。今日の相手にそれをやったからこそ、相手のペースが崩れて、最終的に仕留められたというのはある。そこがあいつのボクシングを変える適応力の凄さですよね」

 自身はWBAスーパーフェザー級のベルトを11度防衛。KOダイナマイトの異名を取ったが、4階級制覇については「僕は絶対無理ですもん。そう考えると凄いですよ」と絶賛。国内で練習する際には内山氏のジムで汗を流すことも少なくない井岡の快挙を、嬉しそうな表情で称えていた。

THE ANSWER編集部

最終更新:8/3(土) 1:44
THE ANSWER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事