ここから本文です

たったの10万円で「ヨーロッパ1週間旅行」できる5つのテクニック

6/19(水) 15:46配信

bizSPA!フレッシュ

 海外旅行の行き先のなかでも多くの人が憧れる、ヨーロッパ。

 行ってみたいけど物価も高いし、どれくらいお金がかかるのか不安という人も多いのではないでしょうか。

⇒【写真】スペイン・ローマまで5万円台のチケット

 私自身、何度もヨーロッパ旅行をしていますが、やっぱり物価は高いと感じることがよくあります。今回はお金がかかるイメージの強いヨーロッパ旅行を格安で楽しむための工夫をご紹介していきます。

 どれかひとつだけでも取り入れると、旅費をグッと節約できるのでぜひ参考にしてみてください。

格安ポイント① 航空券の節約

 大きく節約したいなら格安航空券を取るほかありません。

 執筆時点(2019年6月18日)で、東京発の航空券をスカイスキャナーで調べてみました。ヨーロッパでもっとも安かったのがスペイン、次にハンガリー、イタリアと続きます。

 どれも中国経由で到着まで時間はかかりますが、5万円台という激安チケットになります。

 ヨーロッパへ格安で行くためには中国を経由するか、LCCでバンコクなどの東南アジアを経由するかのどちらかになります。

 検索するときのコツは「東京⇔バンコク」と「バンコク⇔ヨーロッパ」の航空券を別々に、地道に探すこと。そうすることで、より格安な航空券を見つけることができます。

節約ポイント② 宿泊費

 ヨーロッパのホテル代はかなり高額です。アジアでは1000円前後で宿泊できるドミトリーも、ヨーロッパだと3000円~。3つ星ホテルを利用するなら、1泊最低1万円は覚悟しておきましょう。

 民泊で有名な「Airbnb」を週割(1週間以上滞在する場合、週割や月割で割引してくれる物件多数)で利用したり、無料で泊めてくれる人を探せる「カウチサーフィン」の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

 特にAirbnbはオーナー不在の貸し切り物件が増えているので、誰かとルームシェアするのが嫌だという人にもおすすめです。

節約ポイント③ 食費

 国や地域によりますが、パリやロンドンの食費は驚くほど高額。初めてロンドンに行ったとき、普通のラーメンが2000円以上してめまいがしました……。高ければ美味しいのかとい思いきやそうでもないことも多く、滞在中すべての食事を外食でまかなうと、かなりお金がかかってしまいます。

 そんなときおすすめなのが、現地でのスーパーマーケットを活用すること。レストランと違って、サンドイッチやサラダがかなり安く売られています。

 さらに節約したいなら日本からカップ麺を持っていくのもアリ。外食ランチが2000円くらいかかる北欧旅行では、持参した食品と外食を組み合わせてコストダウンに成功しました。

 スペイン、ポルトガル、イタリアの地方などは比較的物価も安く食事も美味しいので、滞在先に合わせて工夫してみてください。

1/2ページ

最終更新:6/19(水) 15:46
bizSPA!フレッシュ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事