ここから本文です

<パーフェクトワールド>どこまでも優しい洋貴に「いい人すぎてつらい」と反響【視聴熱TOP3】

6/19(水) 16:30配信

ザテレビジョン

webサイト「ザテレビジョン」では、6月18日の「視聴熱(※)」ドラマ デイリーランキングを発表した。

【画像を見る】6月18日の「視聴熱」ドラマ デイリーランキングTOP3

1位「パーフェクトワールド」(毎週火曜夜9:00-9:54、フジテレビ系)5990pt

6月18日に第9話を放送。自分の気持ちにうそをつけなくなった樹(松坂桃李)とつぐみ(山本美月)は、傷付けることを承知の上で、洋貴(瀬戸康史)と葵(中村ゆり)、そして家族にも、正直な気持ちを打ち明けることに。

樹の元を訪れた洋貴は嫉妬心をあらわにしたが、最終的には「誰も味方がいなくなって孤立するかもしれない。それでも絶対に別れるな」と言った。その後、つぐみにはメールで「婚約は解消しよう」「俺はこれからもずっとつぐみの幸せを祈ってます」とつづった。

そんな洋貴にずっと思いを寄せていた、つぐみの妹・しおり(岡崎紗絵)は、改めて告白するが、洋貴はやさしい言葉で受け入れられないことを告げた。

どこまでも優しい洋貴に、視聴者からは「いい人すぎてつらい」「私なら絶対ヒロを選ぶからー」など、応戦するコメントが続々と上がった。

登場人物たちのさまざまな思いが交錯しつつ、関係を取り戻していった樹とつぐみ。樹はつぐみにプロポーズをし、つぐみは「はい」と返事する。一方で、つぐみの父・元久(松重豊)だけはかたくなに反対し、何度家を訪れても、門前払いだった。

最終回は25日(火)に放送。樹とつぐみだけでなく、洋貴、しおり、そして、しおりに恋する晴人(松村北斗)ら、全員の幸せを願う声が寄せられている。

2位「あなたの番です」(毎週日曜夜10:30-11:25、日本テレビ系)5087pt

6月16日に、第1章の最終話となる第10話が放送された。まさかのラストシーンに視聴者は騒然。「#あなたの番です」がTwitterの世界トレンド1位になる反響となった。

早苗(木村多江)が住む402号室の隠し部屋に監禁された翔太(田中圭)を探しに来た菜奈(原田知世)を、早苗がハンドミキサーで襲い掛かった。

木村の狂気の演技に多くの視聴者が震えた中、ベランダから転落した早苗の息子・総一(荒木飛羽)を受け止めた翔太が意識を失ってしまう。

病室で目を覚ました翔太は、菜奈に会うために病院を抜け出して帰宅。だが、部屋のベッドに横たわっていた菜奈は殺されていた。

主人公の1人がここで殺されてしまうという展開に、「想像を超えてた」「ショックすぎてつらい」と混乱した感想が続々と上がった。

23日(日)は「特別編」(夜11:00-11:55)を放送。これまでの事件を振り返り、さらに菜奈と翔太の恋の軌跡が描かれる。

また、18日には公式Twitterで、田中の指導のもと、原田がバスケットボールのシュートを決めるオフショットが公開に。本編で“菜奈ちゃんロス”となった視聴者からは、特別編での菜奈&翔太のラブラブぶりを楽しみにする声が寄せられている。

そして、30日(日)からは第2章「反撃編」がスタート。交換殺人ゲームの謎を解く役どころとして、横浜流星の出演が決定しており、期待されている。

3位「わたし、定時で帰ります。」(毎週火曜夜10:00-10:57、TBS系)4771pt

6月18日に最終回の第10話を放送していたが、新潟で震度6強の地震が発生したため、途中からニュース速報に切り替わった。

その後、公式サイト、公式Twitterで、最終回の放送中止を発表。「最終回の放送に関しては、また決定次第、告知させていただきます」としている。

第10話は、巧(中丸雄一)に「結婚できない」と告げられ、途方に暮れる結衣(吉高由里子)だったが、仕事では、外注先が倒産し、所属する制作4部が窮地に陥る。さらに、取引先の星印工場から呼び出された晃太郎(向井理)は、契約を進める条件として福永(ユースケ・サンタマリア)を案件から外すことを要求される。

webサイト「ザテレビジョン」の「視聴熱」ページでは、4~10位のランキングやバラエティーランキング、またウィークリーランキングも発表している。

※SNSや独自調査を集計した、今熱い番組を計る新指標(ザテレビジョン)

最終更新:6/19(水) 16:30
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン30号
7月17日

定価:390円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事