ここから本文です

タッチパネルが反応しなくなったAndroidスマホやタブレットをどうするか

6/19(水) 8:31配信

HARBOR BUSINESS Online

キーボードやマウスを使えば全然利用可能

 コネクタを使い、キーボードも接続してみる。こちらも問題なかった。パソコン向けのキーボードをAndroid端末で利用することができる。

 さらに実験を進める。USBポートを接続して、マウスとキーボードを同時に接続してみる。問題なく使えた。これで、タブレットスタンドで机の上に端末を置き、マウスとキーボードで操作できるようになった。

 テキストエディタを使えば、ちょっとした原稿書きに使える。モバイル向けのアプリだからといって、タッチ前提のものばかりではない。マウスとキーボードが使えるなら、タッチなしでもどうにかなる。使い方次第で有効活用できる。

 私の場合は、タッチ部分が壊れた端末は、動画再生専用機として利用することにした。動画ならば、再生したあとは操作が不要だ。再生のタイミングだけマウスを使えばよい。それならば頻繁にタッチをすることもないので、それほどストレスにはならない。

 こうして、古いタブレット端末が現役の機械として蘇った。

古い端末をどうするか問題

 スマホやタブレット端末を使うようになってから、こうした「古い端末をどうするか問題」は割りと頻繁に発生する。

 過去には、監視カメラとして利用したり、目覚まし時計にしたり、radiko専用機にしたり、何とか活用できないかと思い、様々な用途を試した。ただ、なかなか上手い活用法がなく、しばらくするとお蔵入りになっている。

 そうした中では、動画再生専用端末としての利用は、ストレスが少なく続いている。動画や音楽などを再生したいシーンは多い。壊れたと思って使わなくなった端末も、こうした方法で再利用すれば、無駄がなくてよいのではないだろうか。

◆シリーズ連載:ゲーム開発者が見たギークニュース

<文/柳井政和>
やない まさかず。クロノス・クラウン合同会社の代表社員。ゲームやアプリの開発、プログラミング系技術書や記事、マンガの執筆をおこなう。2001年オンラインソフト大賞に入賞した『めもりーくりーなー』は、累計500万ダウンロード以上。2016年、第23回松本清張賞応募作『バックドア』が最終候補となり、改題した『裏切りのプログラム ハッカー探偵 鹿敷堂桂馬』にて文藝春秋から小説家デビュー。近著は新潮社『レトロゲームファクトリー』。

ハーバービジネスオンライン

3/3ページ

最終更新:6/19(水) 8:31
HARBOR BUSINESS Online

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事