ここから本文です

久保建英、0-4惨敗で“南米王者”チリとの差を実感 「ガンガン抜くのは向こうが上」

6/19(水) 6:01配信

Football ZONE web

チリ戦の敗戦を受けて「ボールポゼッション」「攻撃のバリエーション」にも言及

 森保一監督率いる日本代表は、現地時間17日のコパ・アメリカ(南米選手権)初戦でチリと対戦し、0-4と大敗を喫した。代表初のスタメン出場を飾った18歳MF久保建英(FC東京→レアル・マドリード)は、大会2連覇中の“南米王者”チリとの差を実感し、「ガンガン抜くのは向こうが上」と語っている。

【動画】決定機逸で悔しさ露わ! A代表初先発の18歳久保建英、チリ戦で華麗な2人抜きドリブルも…両手でピッチを叩いて“感情爆発”の瞬間

 今大会の日本は東京五輪世代の若手を多く招集し、チリ戦では6人がA代表デビューを飾った。MFアルトゥーロ・ビダル(バルセロナ)やFWアレクシス・サンチェス(マンチェスター・ユナイテッド)らが先発したチリに対して、序盤こそ攻め込んだが前半41分に被弾。後半には3失点を喫し、経験値の差を反映するように0-4で敗れた。

 4-2-3-1のトップ下に入った最年少の久保は、要所で鋭いドリブルやスルーパスでチャンスを演出。後半20分には巧みなトラップでビダルをかわすと、MFガリー・メデル(ベジクタシュ)も翻弄して左足シュートを放つなどインパクトを与えた。

 代表2試合目とは思えない存在感を示した久保だが、「向こうは決定的なチャンスはすべて決めてきたのに対して、自分たちはチャンスで決めきれなかった」と反省。さらにチリとの差について、次のように触れている。

「個でガンガン抜いていくのは向こうのほうが上だったし、ボールポゼッションも途中から向こうに握られてしまった。攻撃のバリエーションも向こうのほうがすごく多かった」

 南米王者の力をまざまざと実感する形となったが、若手たちにとっては成長の糧となるに違いない。

Football ZONE web編集部・大木 勇 / Isamu Oki

最終更新:6/19(水) 6:01
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事