ここから本文です

「久保の才能を潰せないと悟った」 チリ主力との互角の“やり合い”に英記者も驚き

6/19(水) 10:55配信

Football ZONE web

日本はチリに4失点の大敗 初の先発フル出場を飾った久保は王者チリ相手に存在感

 日本代表は現地時間17日、コパ・アメリカ(南米選手権)初戦でチリ代表と対戦し、0-4で大敗を喫した。若手主体で臨んだ日本は、A代表デビューとなる6選手を先発に送り込んだものの、大会連覇中の王者に勝負強さの違いを見せつけられる格好となった。

【動画】決定機逸で悔しさ露わ! A代表初先発の18歳久保建英、チリ戦で華麗な2人抜きドリブルも…両手でピッチを叩いて“感情爆発”の瞬間

 この結果を受け、かつてアジアサッカー連盟の機関紙「フットボール・アジア」の編集長やPAスポーツ通信のアジア支局長を務め、ワールドカップ(W杯)を6大会連続で取材した英国人記者のマイケル・チャーチ氏は、初の先発フル出場を飾ったMF久保建英(FC東京→レアル・マドリード)のパフォーマンスについて「輝かしい未来を提示するには充分なショータイムとなった」と惜しみない賛辞を送り、「日本サッカー界の新たな新時代の到来を垣間見た」と、久保が引き続きA代表をけん引する存在となることに太鼓判を押している。

  ◇   ◇   ◇

 王者チリが徹底的に日本のスカッドの未熟さを露呈させたため、おそらく久保建英は今後、初の先発フル出場を懐かしく振り返ることはないだろう。4-0のスコアは残酷だったかもしれない。上田綺世(法政大)が得点をもたらしていたら、おそらく一方的な展開とはなっていなかっただろう。しかし、レアル・マドリードへ向かう10代は、輝かしい未来を提示するには充分なショータイムとなった。

 彼の先発出場は、ここ数年で最も熱望されていたものであり、おそらく1998年のワールド・カップ予選でデビューした小野伸二(北海道コンサドーレ札幌)以来となるだろう。この18歳は、歯車の合わないチームの中で、視線を集めるプレーを見せていた。1トップに配置された上田の背後に入り、左に中島翔哉(アル・ドゥハイル)、右に前田大然(松本山雅FC)が置かれたなか、創造性を生み出す役割は久保の肩に一任されていた。エリック・プルガル(ボローニャ)の徹底的な監視下にあったにもかかわらず、一切怯むことがなかった。

 太い首がタトゥーで覆われているプルガルは、素質や自信に欠けている選手を怯えさせるような存在だが、両者の間で行われたバトルは白熱した接戦であったことが証明されていた。セリエAで活躍するMFは、試合の立ち上がりの場面で久保から素早くボールを奪取した一方、日本のプレーメーカーもすぐに洒落た股抜きでリベンジを果たした。その際、プルガルに自身のフィジカルでは久保が巧みなボールタッチと守備網を打開する才能を披露するのを潰すことはできないということを悟らせた。

1/2ページ

最終更新:6/20(木) 9:51
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ