ここから本文です

「“力不足”の日本」と韓国メディアが辛辣評価 チリに4失点完敗「失望しかなかった」

6/19(水) 10:13配信

Football ZONE web

コパ・アメリカでの戦いにアジアのライバルも注目 「チリと対等に戦うには…」

 コパ・アメリカ(南米選手権)に参戦している日本代表は、現地時間17日に行われたグループリーグ第1戦でチリ代表に0-4で完敗した。若き日本代表が南米の強豪を相手に、どれくらい戦えるのかを韓国メディアも注目しており、この結果を各社が大きく報じている。ただ、0-4というスコアだけに、どれも次のような辛辣な見出しが目立った。

【動画】4失点完敗に「力不足」と韓国メディア辛辣… コパ・アメリカ「日本vsチリ」(0-4)ハイライト

「地を叩いた、初戦でチリに0-4で完敗」(スポーツ紙「スポーツ京郷」)
「“力不足”の日本、コパ・アメリカ初戦でチリに完敗」(スポーツ・芸能ニュース総合サイト「ジョイニュース24」)

 韓国のスポーツ紙「MKスポーツ」は、「森保一監督は6月の代表チームを一元化し、コパ・アメリカには2020年東京五輪に向けて、若手主体で構成。2018年ジャカルタ・アジア大会で銀メダルを獲得したメンバーが多く選出された」と、今大会に参加した日本代表の状況を説明している。そのうえで、「試合序盤はチリと対等に戦ったが、前半41分にCKから先制点を許した後から、動揺し始めた」と報じ、先制点を決められた後から苦しい試合展開が続き、立て続けにゴールを決められたと指摘した。

 さらに「日本は後半12分と後半20分に決定機を得たが、上田綺世と久保建英のシュートは正確性を欠いた」と決定力不足にも触れている。

 韓国スポーツ紙「スポーツ朝鮮」も、「日本は野心にあふれる“日本の未来”久保を前面に押し出した。しかし結果は失望しかなかった。これといった存在感を示すことができなかった。シュート数は2本で、枠内シュートはゼロだった」と、久保のパフォーマンスが悪かったと言及。「(アレクシス・)サンチェスや(アルトゥーロ・)ビダルなど世界トッププレーヤーが先発で出場したチリと対等に戦うには力不足だった」と辛辣に批評していた。

金 明昱 / Myung-wook Kim

最終更新:6/19(水) 10:16
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事