ここから本文です

来日中の“神童”ムバッペが見せた意外な一面 サッカー教室で“お茶目プレー”を連発

6/19(水) 18:51配信

Football ZONE web

初来日のムバッペが都内でサッカースクールに参戦 ヤンチャな素顔を見せ大はしゃぎ

 パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペは19日、都内で行われたメンズスキンケアブランド「BULK HOMME」主催のサッカースクールに参加。今回が初来日となるムバッペは、約30名の生徒とのミニゲームでピッチであまり見せることのない意外な一面を見せ、会場を大いに沸かせた。

 ムバッペは昨年のロシア・ワールドカップ(W杯)で19歳の若さで背番号「10」を背負い、大会2位タイとなる4ゴールを記録。“神童”としてその名を世界に轟かせ、フランス優勝の立役者の1人となった。また、今季のリーグ・アンでは33ゴールを挙げて得点王に輝くなどPSGの連覇の原動力となり、リーグ年間最優秀選手にも選出された。

今回、株式会社バルクオムが展開するメンズスキンケアブランド「BULK HOMME」のグローバルアンバサダーに就任したムバッペは、同日の午前中に行われたグローバルプロジェクト発表会見に出席。その後、フットサルコートへと移動し、キャンペーンの当選者として参加した約30名の生徒とともにボールを蹴り、親交を深めた。

 過密日程のなかで行われたサッカースクールだったが、生徒たちと対戦形式で行われたミニゲームでは、疲れを一切見せず、終始笑顔で取り組んでいただけでなく、少年少女を相手にでんぐり返しのプレッシングを披露したり、ボールを着ているシャツに包んでヤンチャなドリブルを仕掛けるなど、お茶目なプレーを連発し、生徒の誰よりもはしゃぐ姿を見せていた。

 試合後は予定になかった生徒たちへのサインのサービスに応じるなど、器の大きさも見せ、最後は全員とハイタッチしてコートを後にした。20歳ながらピッチでは貫禄に満ちた落ち着きを見せるムバッペだが、サッカースクールでは率先してヤンチャな振る舞いを見せる意外な一面を見せ、会場を大いに沸かせていた。

Football ZONE web編集部・城福達也 / Tatsuya Jofuku

最終更新:6/19(水) 18:53
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事