ここから本文です

仕事はできるのに「軽んじられる人」の話し方

6/19(水) 9:00配信

東洋経済オンライン

仕事で結果は出しているはずなのに、なぜか相手から軽んじられている――。
そんなときは、あなたの言葉遣いが問題なのかもしれません。
『大人の伝え方ノート』の著者であり、元NHKのキャスター、現在は長崎大学でスピーチやコミュニケーションについて教えている矢野香先生に、その原因を聞きました。

 こんにちは、矢野香です。NHKでキャスターを務めたのち、現在は大学教員として心理学、主に、人から評価される話し方や、人の印象がどう決まるのか、などコミュニケーションについて研究しています。

■たった1字でも、相手との関係性は変わってくる

 人は相手の言葉や言い回しなどで、その人の品位や知性、信頼できるかどうかなどを無意識のうちに判断しています。

 もしあなたが、「他人から軽んじられている」と思っているなら、何かコミュニケーションの仕方が、あなたが見せたい自分とは違う印象を与えるものになっている可能性があります。

 例えば、次の2つの文章を見比べてください。

A 「コーヒーがいいです」
B 「コーヒーでいいです」

 AとBの使い分けがわかりますか? 

 どちらのほうが、より積極性を感じるでしょうか?  

 どちらのほうが、よりリーダーシップを感じるでしょうか? 

 大抵の人は「A」のほうに、より意思の強さを感じるはずです。コーヒー「で」というと、「考えるのが面倒だし、なんでもいいや」というおざなりな印象を与えてしまいます。

 積極性を伝えたい場合は A「コーヒーがいいです」が正解です。

 ただし複数人の場合は例外です。他の人が希望を伝えた最後に「で」を用います。「じゃ、私もコーヒーで」というとリーダーシップが印象づけられます。

 こんなたった1字でも、相手の反応、ひいてはあなたとの関係性は変わってくるのです。

 ここではよくある失敗をご紹介します。

 発言したり自分の意見を述べたりするときに、語尾が「~と思います」では頼りなく見えます。できる限り「です」「ます」と言い切るようにしましょう。

 もちろん「悲しいと思います」と、事実「思っている」感情を伝えるのであれば問題ありません。注意すべきは、ただ口癖のように「思います」と文末をまとめてしまうことです。

1/3ページ

最終更新:6/19(水) 9:00
東洋経済オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい