ここから本文です

引きこもりを過剰に警戒する人の大いなる誤解

6/19(水) 16:00配信

東洋経済オンライン

■家庭が唯一、安心できる居場所だから引きこもっている

 川崎市の児童ら殺傷や練馬区の元事務次官の一連の事件が、引きこもり本人や家族の間に与えた動揺は、いまだに収まりそうもない。

 NPO「KHJ全国ひきこもり家族会連合会」の本部には、全国の家族や当事者たちから「引きこもりというだけで事件を起こす」と見られているようで「怖い」と怯える声や相談が、事件前より数十倍も届いている。

 メディアでは、「死ぬならひとりで死ね」「不良品」などといった無神経な発言が流布され、そのたびに追い詰められた家族間では新たな悲劇が誘発されかねない危機的状況が続き、本人は「引きこもり行為への偏見や差別が助長される」「外に出られない」などと、ますます委縮する状況になっている。身近に行ける居場所などの情報を求める相談も各地から多く寄せられた。

 「引きこもり状態」に陥りやすい人は、心優しくてまじめなタイプが多く、今の状態に至るまでの間には、命を守るために回避せざるをえなかった長いヒストリーが人それぞれある。典型的なのは、学校や職場で痛い目に遭ったり傷つけられたり、その積み重ねによるトラウマを持っていることだ。

 衝突や傷つけ合うことが嫌で、人との交流を避けた場所でしか生きられない。そして社会から撤退せざるをえなくなり、家庭が唯一、安心できる居場所になっているから、引きこもっているという人も少なくない。

 一般的に、最後の拠り所である居場所に待避している当事者が、理由もなく外に飛び出して行って、無関係な人に危害を加えることは考えにくく、事件とは程遠い存在なのだ。

 しかし、不安をあおられた家族からは「どうしたらいいのか?」といった相談の電話が、家族会にひっきりなしにかかってくる。しかも、相談してくるのは、家族会の会員ではない。これまで誰にも相談できずに孤立していて、突き動かされるように初めて受話器を取ったような人がほとんどではないかと感じられる。

1/3ページ

最終更新:6/19(水) 16:00
東洋経済オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事