ここから本文です

愛人が汚す「ビートたけし」の晩節 周囲を困惑させる絵画売却話と“1・5倍ギャラ要求”

6/19(水) 17:00配信

デイリー新潮

 このたび、夫人との離婚成立が明るみに出たビートたけし(72)。かねてより存在が報じられていた18歳年下の愛人との「老いらくの恋」に、周囲は困惑を隠せない。国民的スターのカネをめぐり、こんな“実害”も生じているのだ。

【一覧】「不倫問題」が報じられた女子アナ「21人」 略奪婚は7人

 ***

 東京・銀座の、とある喫茶店。店を取り仕切る老婦人とたけしは長年の付き合いがあり、店内にはたけし直筆の絵が何枚も飾られている。ところが最近になり、たけしの所属事務所「T.Nゴン」から、絵を引き揚げると告げられたという。

「たけしさん自身に思うところはないんですが……。勘弁してください」

 老婦人はこう語るのみだが、たけしを知る芸能関係者は “愛人が、絵を売って金にしようとしているんです” と解説する。

「3年前、銀座の老舗デパート『松屋』でたけしさんの個展が開かれ、絵の価値が上がったから、売り時と考えているんだそうです。たけしさんもその気になって、『描いた絵を全部売れば数十億円になる』と豪語しているとか」

 さらに、テレビ出演のギャラをめぐっても、愛人の影が垣間見える。現在、1本300万円程度が相場とされるたけしのギャラだが、

「昨年の独立後、それを1・5倍にするよう要求してきた。愛人の意向としか思えないが、『テレビ不況』が長引いているなか、到底飲むことはできない。『これまでうちの番組ではこの額でやってきていただいていますし……』と言って、何とか要求をはぐらかしています」(民放キー局の社員)

 背景には、100億円とも200億円とも言われるたけしの財産を、離婚協議で夫人が勝ち取ったことがあるという。

「今後たけしに稼いでもらわないと愛人にとっての旨みはなくなってしまう。だから、ギャラの引き上げや、絵の売却を進めているんでしょう。周囲の人は皆、彼女に振り回されるたけしを心配しつつも、聞く耳を持たない彼に誰も直言できず困っているようです」(芸能記者)

 たけし側は、週刊新潮の指摘を〈事実に反する内容〉と否定するが……。

ヘアメイクやスタイリストなど、長年連れ添ってきたスタッフたちが、次々とたけしの元を去って行っているとの証言もある。国民的スターが汚す晩節。6月20日発売の週刊新潮で事態を詳しく報じる。

「週刊新潮」2019年6月27日号 掲載

新潮社

最終更新:6/20(木) 15:36
デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売

「デイリー新潮」は総合週刊誌「週刊新潮」が発信する最新の話題に加え、専任取材班による綿密な取材に裏打ちされた記事を配信するニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事