ここから本文です

噂の大物牝馬にディープ級の末脚も。ノーザンファーム勢3頭の素質が凄い。

6/19(水) 7:01配信

Number Web

 リアアメリア(牝2歳、父ディープインパクト、栗東・中内田充正厩舎)が、噂通りの圧勝デビューを決めたのが、6月1日の阪神芝1600mの新馬戦。川田騎手から発せられた「意識的にゲートをゆっくり出して、後ろからの競馬を教えました」という声を聞けば、世代最初のレースからいきなり桜花賞候補が出現したことがわかる。

【写真】凄すぎる外厩。ノーザンファーム天栄の設備がエグい。

 道中は他馬の後ろを走ることを嫌がったのか、頭を大きく振るなどロスの目立つ走りをしながら、直線は一気の伸び。8馬身ぶっちぎりの極上の瞬発力は掛け値なしの大物牝馬と言い切れる。

  その翌日は東京から大物が2頭も出た。芝1600mを勝ち上がったのはサリオス(牡2歳、父ハーツクライ、美浦・堀宣行厩舎)という534キロの巨体馬。1番人気はレイデオロの半弟アブソルティスモ(父ダイワメジャー)に譲ったが、最後の長い直線で使った脚は段違い。

 とりわけラスト2ハロン目で刻んだ10秒9のラップは、ディープインパクトの衝撃の新馬戦の記録、10秒8を思い起こさせるほどの切れ味だった。

モーベットのラップを見て驚いた。

  このすぐあとの新馬戦を勝ったモーベット(牝2歳、父オルフェーヴル、美浦・藤沢和雄厩舎)は、牝馬限定の芝1600mに出走して、最後方からの差し切り。

 前記2頭と比較すると地味だったのかと思いきや、ラップを確認して驚かされる。

 ラスト2ハロンが11秒4-11秒2だったからだ。

 意外と思われるかもしれないが、ラスト1ハロンのラップがその前の1ハロンより速くなることは古馬の上級レースまで目を凝らしても滅多にお目にかかれない。

ディープでさえも減速するラスト1ハロン。

 試みに最近の名馬の新馬戦を調べてみたが、キングカメハメハ('03年)が記録した12秒1-11秒8があるぐらい。もう少し遡って、アグネスタキオン('00年)が11秒3-11秒0で上がって、当時の河内騎手が大興奮したという伝説が残っているほどだ。

 ちなみにディープインパクトの新馬戦が10秒8-11秒2。空を飛ぶように(有名な武豊騎手の表現)走っても、最後は少しだけ減速してしまうのが当たり前なのだ。

  3頭とも、ノーザンファームの育成馬。

 生産馬の成長曲線を科学的に掌握して上手に仕上げる技術は突き抜けており、来年のクラシックも質と量の両面で圧倒しそうだ。

(「競馬PRESS」片山良三 = 文)

最終更新:6/19(水) 7:31
Number Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sports Graphic Number

文藝春秋

982号
7月11日発売

特別定価620円(税込)

カープに学べ。

なるか4連覇! カープの成功と愛される秘密を解き明かす
鯉のレッスン14講座

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事