ここから本文です

ケガ人続出ホークスに大魔神現る。196cm、椎野新のスケールがデカい。

6/19(水) 15:01配信

Number Web

 もう何人目の離脱者だろうか。ホークスにまた試練だ。6月16日、守護神の森唯斗が右上腕部の張りのために出場選手登録を抹消された。

【秘蔵写真】意外と知らない高校時代の山田哲人、投手・丸に工藤監督、不敵な笑みの中田翔。

 まさか、あの鉄腕が……。

 プロ入りから昨季まで5年連続55試合以上、計299試合に登板してきた。入団5年目までに限れば、プロ野球歴代1位の通算1002試合に投げた岩瀬仁紀(元ドラゴンズ)の294登板や、現在のパ・リーグを代表するタフネスの宮西尚生(ファイターズ)の296登板も上回っている。

 勤続疲労を心配する声をよそに、昨季は37セーブを挙げてセーブ王を獲得。今季もすでに登板数は30を超えて、19セーブをマークしていた。

七分袖を着ていた森の異変。

 抹消前日の15日も3点差の9回のマウンドに立っていた。しかし、いきなり先頭打者に本塁打を浴び、その後も集中打を浴びてさらに失点。何とか1点差で逃げ切りヒヤヒヤのセーブを挙げたのだが、この時すでに異変を感じていたのだろう。

 普段は半袖アンダーシャツなのに、この日は七分袖のものを着用していたのだ。球団関係者は「おそらくテーピングをして投げていたのではないか」と推測した。

 「(故障での抹消は)初めて。すぐに戻れるようにしたい。悔しいし、早く戻りたいという気持ちしかない」

 抹消日もヤフオクドームを訪れて森はそのように話した。

 この緊急事態に工藤公康監督は「みんなでカバーしていきたい。相手打者との相性の良し悪しや打順もある」と日替わり守護神の方針を示した。

 代役の一番手はキューバ人左腕のモイネロになりそうだが、現在リリーフに回っている武田翔太あたりも出番がありそうだ。

森のライバルは2年目の椎野だ。

 ところで、今回の当連載コラムでは、森離脱が発覚するより前から「次代の守護神候補」をテーマにしようと考えていた。

 森はまだ27歳と若いが、疲労の蓄積が気になっていたのは確かだ。

 また、ホークスにはもともとデニス・サファテという絶対的守護神が存在する。サファテは森を弟のように可愛がり、一方で森も兄のように慕いながら互いが刺激し合い、高め合うという良好な関係を築いていた。

 未来のホークスのことを考えれば、森にとっての“好敵手”の台頭も欠かせないのだ。

 次代の守護神――イチオシしたいのはモイネロでも武田でもない。

 2年目の椎野新(しいの・あらた)だ。

1/3ページ

最終更新:6/19(水) 15:51
Number Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sports Graphic Number

文藝春秋

982号
7月11日発売

特別定価620円(税込)

カープに学べ。

なるか4連覇! カープの成功と愛される秘密を解き明かす
鯉のレッスン14講座

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事