ここから本文です

箱根の源泉を新宿に運ぶ 温泉旅館の定義を現代風にアップデート

6/19(水) 17:00配信

日経クロストレンド

 2019年4月にオープンして話題となった「MUJI HOTEL GINZA」。その企画、内装設計、運営を手掛けたUDSの次なる一手が、「ONSEN RYOKAN 由縁 新宿」だ。


UDS「ONSEN RYOKAN 由縁 新宿」

【施設情報】
●宿泊料金/1室1人利用時公式価格9000円(税込み)~
●所在地/東京都新宿区新宿5-3-18
●客室数/193室
●施設/レストラン、大浴場(温泉露天風呂付き)
●開業日/2019年5月8日

 「都心の温泉旅館」というコンセプトは、星野リゾートが手掛ける「星のや東京」も同様。しかし、コンパクトな部屋で客室数を増やし、料金面での差別化を図った。12平方メートルと最小のセミダブルルームは、1人利用時で公式価格9000円(税込み)からと手が届きやすい。和の空間らしく、入り口は小上がりとなっていて靴は脱ぐ仕様。1.6メートルと広く取った間口を生かし、玄関部分から机を設置することで無駄な廊下のスペースを削減しているため、実面積の割にゆとりある印象を受けた。

 旅館の定義は現代風に進化。布団ではなく、背の低いベッドを全部屋に導入した。仲居による布団を敷くサービスをプライバシーの観点から快く思わない人への配慮だが、人件費の削減にもなり、これも料金の安さにつながっている。

 最大の特徴である温泉は、箱根から運んだ源泉を使用。露天風呂付き大浴場をあえて最上階に配置し、共有部の充実を図っている。

 英語対応の受付、メニューを絞り和食を提供するレストランなどインバウンド対策も万全。「国内外問わず幅広い客層がターゲット」(UDS)。今後は新宿の観光地を巡るツアーも開催予定だ。


〈ヒット予報〉

 天然温泉を体験できる都心の旅館で、この料金設定は良心的。インバウンド客はもちろん、ビジネスでの利用客、若者、地方からの観光客も十分に取り込めそうだ。立地も良く、20年の東京オリンピック特需の恩恵も見込める。

山口 佳奈

最終更新:6/19(水) 17:00
日経クロストレンド

記事提供社からのご案内(外部サイト)

「新市場を創る人のデジタル戦略メディア」を編集コンセプトとして、市場創造、商品開発、マーケティング戦略などの先端動向を伝えるデジタル・メディアです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ