ここから本文です

車は1人1台が当然の地域で免許返納した78才男性 揺れた心

6/20(木) 16:00配信

NEWS ポストセブン

 車があったらいいなと思うことはありますよ。書類やパソコンと荷物が多い時は、車やったら助手席にポンとおいたらスッと行けるのに重たいなぁとかね(苦笑)。でも、まぁね、これも運動や思うたら苦にならんわな(笑い)」

 息子の新しい一面に気づくこともできた。

「外泊時は病院と自宅をドアツードアで送り迎えでしたが、返納後は片道2時間半かけてバスや電車を乗り継いでいます。息子はどうしても集中力が乏しいので、バスや電車に乗ることに心配もありましたが杞憂でした。バスや電車の乗り方、切符の買い方や改札の通り方と一つひとつ教えていきました。最初は少し手間取りましたが、私の手順を見て真似して行動してくれたんです。

 隣に座る息子を見て、息子の目には40年ぶりに乗った電車から見える景色がどう映っているのかなと考えていました。浦島太郎的な生活をしていた息子にとって、バスや電車に乗り社会とかかわることは自立の一歩で、それは親にとっても自立の一歩になったと感じています」

 そんな大畠さん夫婦、今でも車があった頃の習慣が抜けないことがあるのだという。

「うちでは洗濯物を車庫に干してるんです。車があった時は、ピーピーピーって洗濯が終わった音が鳴ると、ぼくが『車どけるわな』言うて妻が『お願いします』ってやってたんです。それがね、いまだにその音に反応してしまってね(笑い)。こないだもピーピーピーって音に思わず腰を上げて。妻に『車どけようと思ったわ』って言ったら、妻も『私もお願いしようと思ってた』って言うから、ふたりして笑いましたわ」

 免許返納は生活スタイルを大きく変えることになるかもしれない。しかし、それがイコール不便な生活にはならない、と大畠さんは教えてくれた。

※女性セブン2019年7月4日号

4/4ページ

最終更新:6/20(木) 16:00
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事