ここから本文です

美しい島を舞台にしたイタリアン・コメディー「家族にサルーテ!」〈週刊朝日〉

6/23(日) 17:00配信

AERA dot.

 世界指折りの美しさを誇るイスキア島。そこで苦労の末にレストランを成功させたピエトロ&アルバ夫妻の結婚50周年を祝うために、親戚一同19名が集まった。久しぶりに再会したファミリーの楽しい宴も最後は皆で歌ってお開きとなるが、港へ向かうと天候不良でフェリーは欠航に。思いがけず2晩を同じ屋根の下で過ごさなければならなくなった家族たちだったが……。

【「家族にサルーテ!」の場面写真はこちら】

 レストランを継いだ長男と長女の、おのおのの波乱に満ちた結婚生活は破綻寸前。甘やかされて育った末っ子の次男はひと時の恋ばかり追いかけている。親戚たちもワケありばかり。それぞれに今まで抑えていた本音が見え隠れし始め、次々と秘密が暴露されていくが、結末は果たして?
本作に対する映画評論家らの意見は?

■渡辺祥子(映画評論家)
評価:★★★
男たちは浮気中かその予備軍。皆がイイ子になりたがり、浮気はバレなきゃOK、の根性がよろしくない一家がその原点である老父の金婚祝いに集まって過ごす2夜。喉元過ぎれば怒りを忘れる女たちが彼らを甘やかす?

■大場正明(映画評論家)
評価:★★★
19人の登場人物の配置が絶妙。結婚50周年を迎えた老夫婦や恋が芽生えようとする若い男女と対置するように、問題山積みの大人たちの迷走が浮き彫りにされる。人生につまずいたとき、どう立て直すべきか考えさせられる。

LiLiCo(映画コメンテーター)
評価:★★★
雰囲気は大好き! なにかが起こるよりも日常の一部を切り取って、覗き見気分で面白家族が楽しめます。これだけ大人の恋がとっちらかってると若者の素直な恋愛が素敵に見えます。困難を乗り越えたらそこには幸せが!

わたなべりんたろう(映画ライター)
評価:★★★★
原題の「家ではみんな良い感じ」の様子が崩れて真の姿が見えていく。認知症とピアノで弾き語られる音楽の使い方がアクセントになっている。ワンカットでの凝ったカメラワークなど随所に気付きづらい工夫あり。

(構成/長沢明[+code])

※週刊朝日  2019年6月28日号

最終更新:6/23(日) 17:00
AERA dot.

記事提供社からのご案内(外部サイト)

AERA dot.

朝日新聞出版

「AERA」毎週月曜発売
「週刊朝日」毎週火曜発売

「AERA dot.」ではAERA、週刊朝日、
医療チーム、アサヒカメラ、大学ランキング
などの独自記事を読むことができます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ