ここから本文です

きっかけは家の借金!? 同人活動でも才能を開花した声優・原田ひとみの今

6/20(木) 19:00配信

コンフィデンス

 声優・歌手として活躍する一方、Twitterなどの発言でも注目を集めている原田ひとみ。近年、彼女はクリエーターとしても注目を集める。声優、歌手など“メジャー”なフィールドでの活動にとどまらず、いわゆる“インディーズ”で自ら作品を制作し、販売していくのには理由があった。

【別画像】妖艶な雰囲気を漂わせる原田ひとみ

◆憧れの声優としての活動の裏でバイトかけもち

「声優を目指したきっかけは、ディズニー作品と海外ドラマの吹き替えでした。声だけでここまで演じられることが純粋にすごいと思ったんですね。職人わざというか。声を使った職人になりたかったんです」

 子どもの頃、地元・山口で声優に対してこんな思いをいだいていた原田ひとみ。その憧れはやがて現実となり、歌唱力を見いだされ、歌手としてデビュー。声優としてもオーディションに挑戦し、その実力でさまざまな作品の主演を演じてきた。幼い頃からの夢が叶い、現在も声優、歌手としてのオファーが届いている状況だが、彼女は今その活動だけではなく、“インディーズ”、言い換えると“同人”のシーンでクリエーターとしてその才能を発揮している。

「すごい泥くさいんですけど、同人を始めたきっかけは、お試しでチャレンジという何となくの思いと、親が親しかった人に騙されて出来てしまった、実家の借金の両方なんです(笑)。声優として好きな活動ができていて、気持ち的にはすごく満足で幸せを感じていた時期だったんですけど、お金は本当になくて、実はその裏でバイトを3つくらいかけもちしていました。ある時、Twitterで、ファンの方から『原田さんのDVDが欲しい』という声が上がりまして。『そんなの需要があるのかな』と思いつつも、試しに1本撮ってみたら、それが好評だったんですね。『これはすごい助かる! 』と思ったのを覚えています。そのあたりは『家族を助けないと』という思いがありましたし、何より、自分で何かを作って販売して、みんなにも楽しんでいただけるということがすごく面白かったんですね」

1/2ページ

最終更新:6/20(木) 20:40
コンフィデンス

記事提供社からのご案内(外部サイト)

コンフィデンス

oricon ME

7/15・7/15号

5,040円(税込)

■表紙インタビュー
VERBAL(アーティスト)
海外アーティストとのコラボは、
本人と直でつながっていることが大切

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事