ここから本文です

“まず~くない、もう1杯!”の「青汁冷麺」とは!?

6/20(木) 10:39配信

商業界オンライン

  この「青汁冷麺」、キューサイ株式会社(本社:福岡市中央区、代表取締役社長:神戸聡)と、株式会社ソラノイロ(本社:東京都千代田区、代表:宮﨑千尋)とのコラボレーションで誕生しました。

 (株)ソラノイロは3年連続で『ミシュランガイド東京』に掲載された「麺とスープと具」全てに野菜を使用した「べジソバ」で人気のラーメン店「ソラノイロ」を運営していますが、その麹町本店(東京都千代田区平河町1-3-10ブルービル本館1B)で、キューサイの青汁を使用した「キューサイのマズくない青汁冷麺」を期間限定発売するのです。

「青汁冷麺」を販売するのは2019 年 6 月 20 日(木)より 7 月 19 日(金)までの 1 カ月間。

 1 日限定 20 食です!

 6月19日に開催された、このメディア先行試食会に行ってきました! 今回はこの「青汁冷麺」の試食レポート。栄養素やお薦めの食べ方の情報も紹介します!

ビヨンセ溺愛。スーパーフード「ケール」はこんなにすごい!

 美意識の高いセレブがこぞって愛用する「ケール」。その理由は、ダイエットや美肌に必須な栄養素がぎっしり含まれているから。美肌やダイエットに必須の食物繊維はレタス2個分以上! アンチエジングに働くポリフェノールはブロッコリーを上回り、ビタミンAはトマトの5倍、ビタミンCはグレープフルーツ約2個分。さらにカルシウムは牛乳約2カップ。鉄分、葉酸、亜鉛、マグネシウムなども含む「葉野菜の女王」なんです。

 そのパワーから、米国など海外のサラダ専門店ではケールがないと始まらないくらいの人気の野菜に。日本でもファミリーレストランなどのメニューにも使われたり、スーパーマーケットにも並ぶようになったり、ぐっと身近になりました。「野菜不足解消」を掲げる日本でも、その栄養価の高さから注目が集まっているわけです。

37年前からケール青汁を販売

 キューサイは、ケール青汁の製造・販売を1982 年に開始し、今年で37 年目。当時の世の中は今ほど健康ブームでもなく、どちらかというとグルメや美食ブームの時代。野菜不足もさほど問題視されてもいなかった頃。そんなキューサイにはケールドリンクのパイオニアとして並々ならぬこだわりがあります。

原料のケールは自社栽培で「種」から。こだわりの「無添加」 原料のケールは100%国産。それもそのはず、島根県の自社農園で種から栽培されています。「健康のために飲むものだから必要のないものは一切入れない」という想いを大切に、保存料・酸化防止剤・着色料不使用の無添加を貫いています。

両者を結んだ「安心・安全」へのこだわり 麺・スープ・具の全てに野菜を使用した看板メニュー「べジソバ」で人気を博している「ソラノイロ」は産地直送にこだわっています。これはオーナーの宮﨑さんがフランスでオーガニック料理に出会ったことがきっかけ。野菜、お肉、そして調味料に至るまで、また産地だけでなく、作り方までにこだわり抜いた食材だけを使うお店です。

 今回もキューサイの青汁製品へのこだわりに親和性を感じ、コラボが実現したとのこと。たくさんの人の手がかかった、体への優しさがこもった1杯なのです(今回の「青汁冷麺」では、昨年、キューサイが業務用に発売を開始した「キューサイ 青汁のある食卓」が使われています) 。

1/2ページ

最終更新:6/20(木) 17:33
商業界オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事