ここから本文です

言葉が無くても伝えてくれる犬の愛情

6/20(木) 17:35配信

いぬのきもち WEB MAGAZINE

言葉や会話は無い毎日だけど…

みなさんこんにちはさるわたりです。
我が家は夫と私、柴犬のタロさん、娘と暮らしています。

【前回記事】モフモフしすぎ娘とおかまいなしタロさん|連載「モフモフ柴とプニプニ娘」第20話

今月で娘が2歳になりましたが、まだまだ手がかかっています。
「ダメ」と言っても伝わらなかったり「あとでね!」と約束しようとしても伝わらず「ヤダヤダ!」と大騒ぎ。

言葉がなかなか伝わらない、会話ができないことにイライラし始め、最終的には「どうして分からないの!」と怒鳴ってしまうことも…

そんな風に娘に対して怒っている時、タロさんは静かな顔で私を見ます。

静かに見つめ、近づくタロさん

時にはゆっくり近づいてきて娘と私の間に入ってきます。
私が娘に対して怒りすぎていると、タロさんはやんわりと止めに来てくれるのです。

タロさんが間に入ってくれるのは
タロさんは私がイライラしていることも分かっているし、娘が主張したがっている気持ちも分かっているので、どちらも責めずに止めに来てくれているような気がします。

間に入るタロさん

私は言葉が伝わらない、会話ができない=(イコール)自分の思いや気持ちが相手に伝わらない!と思っていましたが、そんな事はないという事に気づきました。

何故なら会話をすることのないタロさんが、私の気持ちも娘の気持ちもちゃんと感じ取って行動しているからです。

言葉が分からなくても会話ができなくても気持ちはちゃんと伝わっているし、言葉や会話以外でも思いを伝えられることをタロさんは教えてくれました。

そんなタロさんの行動は、私の気持ちをとても軽く優しくさせてくれます。
そして娘と余裕をもって向き合うことができるようにしてくれます。

タロさんがいて良かった

動物は人間がなかなか気が付かない「愛の在り方」を教えてくれるものなのかもしれません。

私が今、子育てが楽しくできているのはきっとタロさんがいるからだと思っています。

私たち家族をよろしくね!

いぬのきもちWeb編集室

最終更新:6/20(木) 17:35
いぬのきもち WEB MAGAZINE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

いぬのきもち

株式会社ベネッセコーポレーション

最新号を毎月10日前後に
ご自宅にお届けします

1,111円

愛犬のしつけ、健康など、役立つ情報満載。
調べてもはっきりしなかった疑問に専門家が回答!
雑誌&付録を毎月ご自宅にお届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事