ここから本文です

「きのう何食べた?」展の、二人の部屋に招かれた感がスゴイ!

6/20(木) 7:09配信

FRIDAY

4月に放送がスタートして以来、主人公のゲイカップルを演じる西島秀俊&内野聖陽の、原作を裏切らない再現力が話題のテレビ東京系ドラマ『きのう何食べた?』。見逃し配信の再生回数は過去最高の155万回超えを記録し、SNSでも盛り上がりを見せていたが、最終回が近づくに連れ「1週間の癒しがなくなってしまう」「冗談抜きで辛い」など嘆く声が飛び交っている。そんな中、“何食べロス”状態のファンにとって、うれしいニュースが届いた。6月13日から7月7日まで、東京・渋谷のGALLERY X BY PARCOにて「きのう何食べた?」展が始まったのだ。

「きのう何食べた?」展の写真をもっと見るならコチラ

ということで、早速会場に潜入。ドラマの舞台セットを再現した展示や原作の漫画家・よしながふみ氏によるコミック原画の複製など、展覧会の見どころをイチ早くレポートしよう。

細長い会場の壁一面に展示されているのは、2007年より連載中の漫画雑誌「モーニング」の原稿用紙に描かれたコミック原画の複製とドラマの劇中写真。1話から12話まで、各回の印象的なシーンや、原画とドラマのビジュアルが一致するシーンを厳選し展示されている。

「ドラマで観たシーンを改めて原画で観ると、まったく同じだったり、ほんの少し違っていたり……。見比べてみると新しい発見があっておもしろいです」(展覧会プロデューサー パルコ・重藤瑠衣さん 以下同)

“神回”と騒がれている9話のシーン。同僚の結婚パーティーで女性からモテまくったシロさん(西島秀俊)が結界をはるために、恋人のケンジ(内野聖陽)におそろいの指輪をプレゼントするというストーリー。理由はともかく、大好きなシロさんに指輪を買ってもらえるうれしさのあまり、恍惚とした表情を浮かべるケンジの写真と、その下には実際にドラマで使われたペアリングが。劇中でリングを買いにふたりで訪れた素敵なショップは、東京・表参道にある「オーロラグラン」。いつにも増して乙女キャラ炸裂なケンジに、Twitterでは「ケンジが可愛すぎて悶えた」「今日のケンジの女子力ハンパない!」「ただただ尊い」など、ケンジに萌える女子たちの悶絶ツイートでタイムラインが埋め尽くされた。

ドラマのセットがそのまま展示されているという会場内には、いたるところに見覚えのあるアイテムが……。ドラマの宣材写真でも着用しているケンジとシロさんの衣装は、第4話でシロさん手作りのクリスマスディナーを食べながら、ふたりが出会ったときのことを回想する名シーンにも登場。ふたりを象徴するこの衣装、トルソーの身長の高さも手伝ってか、シロさんとケンジの存在をほんのり近くに感じることができる。

また、リビングの一角に置いてあるシロさんのデスクまでもスタンバイ。パソコンや時計、ペン立てなどももちろん丸ごと再現されている。毎月の食費を真剣に計算するシロさんの姿が浮かび上がるようだ。

1/2ページ

最終更新:6/20(木) 12:30
FRIDAY

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ