ここから本文です

ミニマム女子必見! 運転中の「見えない……」を感じにくい見切りのいい国産モデル4選

6/20(木) 6:20配信

WEB CARTOP

4)三菱アウトランダー

 さて最後にトレンドのSUVからもう1台、決して小さくないサイズで3列シートの7人乗りも選べる三菱アウトランダーを推薦。エッ、あんな大きいのムリムリ、と食わず嫌いをしないで~。職業柄、たくさんのSUVと比較試乗をしてきましたが、乗り比べるとダントツで視界が広くて見切りがよく、リラックスして運転できるのがアウトランダーなのです。

 もちろん、シートの高さ調整機能が全車標準装備といったこともありますが、大きな理由はやはり、見切りの良し悪しに響いてくるボンネット、ベルトライン、リヤガラスといった重要ポイントが、しっかり直線基調だということ。三菱はずっと、道無き道を命がけで走り抜く過酷なレース、パリダカへの参戦を続けてきて、総合優勝まで勝ち取っているメーカーです。そこで培った経験から、いざという時に「視界や見切り」が良いか悪いかが生死を分けることさえあると、よく理解しているわけです。

 しかも、小回り性能に響く最小回転半径だって、同クラスのSUVで比べると抜群に小さい5.3m。なので見切りの良さと相まって、Uターンやバック駐車などがしやすいところも魅力ですね。見切りの良さ、運転しやすさは、決してボディサイズの大小だけで決まるわけではないと実感できると思います。

 というわけで、軽自動車からミニバン、SUVまで、ミニマム女子さんも安心して運転できるクルマたちをご紹介してきました。最近は、クルマを真上から俯瞰して見たように表示してくれたり、スイッチ一つで前後左右の様子を画面で見られるなど、視界を助けてくれるクルマの装備も年々進化して、様々な車種で選べるようになっていますので、そうした装備の助けも借りつつ、ぜひ今よりストレスのないドライブを楽しんでもらえたらと思います。

まるも亜希子

3/3ページ

最終更新:6/20(木) 6:20
WEB CARTOP

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事